「福山ショックに見るイタイ反応」プロを目指すならば考えたい2つの視点

福山ショック01 福山雅治さんの結婚が、列島を激震となって走った。「ふくやま」と入れると「福山ショック」なるキーワードで検索結果が60万件以上も出てくる。本事象とは無関係ながら福山通運株式会社の株価は上昇し、福山雅治さんの所属事務所であるアミューズの株は8%以上も下落したそうだ。

 そして一番の話題は、福山さんの結婚報道を機に、

「福山雅治さんが結婚したと聞いて、仕事が手につきません。帰ります。明日も休みます」
「母ちゃんはヤル気をなくしたので家事を1日休業します」
「ニュースを聞いて職場で号泣して、気を失った」

 などといった発言、SNSへの投稿が相次いだことだろう。

 また、なかには士業やコンサルタント、経営者といったプロからも、そのショックの声があがっていた。

「3年前の私なら1ヶ月は寝込んでいるほどのニュースだった」
「会社の決裁、今日は正しい判断ができないため休業します」
「相手の女性を選ぶ基準が、私が望んでいた圧倒的な基準とはかけ離れていたため納得がいかない」

プロとしての自分のブランド価値を毀損していないか?

「偶像=アイドル」として、福山さんを捉えていた一般的なファンにとってショックだったのは、理解ができるし、想像ができる。日々のささやかな喜び・楽しみ、そして素敵な異性としての憧れ、安心感を与えてくれる存在……こうした感覚は、アイドルや芸能人だけでなく、ペットや大事な知人友人など、どんな世界にもあることだろう。結婚報道が、ショックとなって、自暴自棄な気分になったり、やりきれない気持ちになってしまうことは、共感できる。

 しかし、筆者はどうしても首を傾げざるをえないことがある。それは、プロフェッショナルな仕事をしている人が、同じような発言を平気で続けていたことである。

 プロとして、クライアントからの信頼こそが最大の資産であるはずの人々が、自暴自棄な発言、言動をすることは、自分自身のブランドを毀損することに他ならないのではないか。感傷的な発言や世の流れに呼応した投稿もたまにはあっても良いだろう。しかし、世の流れに汲みせずにクリティカルに事象を捉えたり、苦境であってもシビアな活路を見出していくことが求められるプロとしては、この発言はもったいない。

 もちろん、こうした自暴自棄な発言も「シャレ」「おふざけ」であり、一般人と同じように遊んでいると見ることもできる。しかし「自分がどう見られるか=市場価値」として仕事をしている身にとっては「相手=お客様(未来のお客様)」がどう見ているか、感じているかを測るのは、非常に重要なことなのではないだろうか?

「リフレクション(内省・再考)できる」プロを目指そう

 また、人材育成に関わる筆者の立場からは、もう1つ問題を感じざるを得ない点があった。昨今の人材育成では、「リフレクション(内省・再考)できる人材を育てよう」という方向性がある。人が教えたことを実施できるより、様々なビジネスの現場経験から、自身で振り返って学び取れる人材を育成しようという考え方である。世の中の環境変化が激しい時代には、教えたことは応用が効かないことも多い。また何が正解なのか、上司も判断に困るような事象も増えている。だからこそ、現場で内省・再考しながら、自律的に対応し成長できる人材を育成しているのだ。

 このリフレクションという視点の欠如を、もう1つの問題として感じた。プロフェッショナルであれば、福山ショックを公言することに対して、内省・再考というブレーキがなぜ効かなかったのだろうか。自分の言いたいことをそのまま吐き出すことのリスクは、十分再考・内省すべき事項ではなかっただろうか。

 士業やコンサルタント、そして経営者にとって、自分の一挙手一投足が、自社のブランドと直結する。誰でも、どんな発言・PRができる時代。飲食店やコンビニなどでも、ある従業員のたった1つの投稿が、その店・その企業を潰してしまった事があった。このブレーキが効かなかった残念な事件を、福山ショックを見て思い出した。

 もちろん、悲しむこと、嘆くこと、自暴自棄になること、それ自体は否定していない。わざわざ公言したり、拡散することが問題なのではないか、と感じているのである。残念ながら、今回の福山ショックは、一部のプロにとって「自分のブランド下落ショック」になっていたように、感じざるを得ない。

 自身のブランド価値、そしてリフレクション。プロを目指すならば、この2つの視点を、福山ショックを契機に再度観直してみては……とおせっかいながら思うのである。かくいう私も、このデリケートな話題に対して持論を展開することで、批判を浴びるかもしれない。まさに私も、リフレクションできていないのかもしれないのだが。<文/原 佳弘>

【原 佳弘】
Brew(株)代表取締役 セミナー/研修プロデューサー。1973年生まれ。中小企業診断士。横浜市立大学卒業。(旧)建設省所管の市場調査機関にて経営企画を担当後、法人向けセミナー・研修を行う会社へ。階層別研修から営業やマーケティングなど専門領域の研修設計を10年以上行う。2014年、Brew(株)設立。現在は、InnovationやMarketingなどの事業プロジェクト型の研修サービスを主に提供している。

Brew(株):http://www.brew-ing.com/


研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」

企業が求める講師とは、エージェントとは何か

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買い戻しが優勢で107円前半まで上昇

昨日のドル円は、東京市場では米国の3連休明けの5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけて買いが先行しました。仲値後は日経平均株価の下落などが重しとなったことで伸び悩む場面もありましたが、一方で下値では本邦勢からの買いが観測されるなか、次第に下値を切り上げる底堅い動きになりました。全般にドル… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

年収はそう高くないけど愛人成約率抜群な「市場」とは?

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

若者の「節分離れ」は、恵方巻きのブラックノルマが原因である

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

武神健之

武神健之

ブラック化する日本企業への処方箋

外資系産業医が明かす、今年も「過労死のニュース」がなくならない原因

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

いつまで経ってもスケジュールが決まらない!? 無駄なメールの応報を減らす鍵とは?

清水建二

清水建二

微表情学

ヤンキーが暴力を振るうのは、他者の表情を読み取れていないからである

都市商業研究所

都市商業研究所

JR九州「全路線で減便」の衝撃――深刻な赤字の鉄道事業、対応迫られる沿線自治体

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

結婚にメリットがないことが遂に科学的に証明される 研究者「既婚者のほうが孤独でストレス値が高い」

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

大熊将八

大熊将八

ビジネスニュースの深層

『秘密結社 鷹の爪』DLE、急成長のウラに隠された決算上の疑念とは?

島影真奈美

島影真奈美

仕事に効く時代小説

おんな城主・井伊直虎を育てた師の重~い箴言

江藤貴紀

江藤貴紀

ニュースの事情

中高一貫私立でレベル無視して「検定外」教科書がもてはやされる背景

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由