Googleがグループ会社に再編。その本当の狙いは?

 2015年8月10日、グーグルが重大発表を行った。それは企業の再編だ。 google 持株会社として「アルファベット」を設立。創業者のラリー・ペイジがCEO、共同設立者のセルゲイ・ブリンが社長、エリック・シュミットが会長となった。今後は、グーグルはアルファベット傘下の一企業となり、インターネット検索や広告といった事業を手がけていくことになる。  年間600億ドル(約7兆5000億円)を超えるともいう広告収入を生み出すグーグルの社長には、上級副社長のサンダー・ピチャイが就任した。インド生まれの43歳だ。今後、中国やインドなど、莫大な人口を抱えるアジアが顧客の主流となる。そういった意味でも、アイコン的存在として、インド人のサンダー・ピチャイは、適任だったのだろう。

グーグル以外の事業はどんなものがある?

Googleが手掛ける事業内容 グーグルは、インターネット検索・広告、GoogleマップにChrome、YouTubeなどの主要事業を引き続き行っていくグループの柱であることはこれまで通りだ。では、その他の事業にはどんなものがあるのだろうか。  まず、ロボットやARヘッドマウントディスプレイ(Google Glassなどと呼ばれていたあの製品関連)、人工神経を応用した音声認識や人工知能の開発、自動運転自動車など、次世代技術の開発を行うプロジェクトである「Google X Lab」がある。  そして、「健康と幸福」をテーマに医療やバイオテクノロジーの研究を行う「Calico」、スマートホーム事業「ネスト」なども。これらがすべて、アルファベット傘下の企業となるのだ。

グーグル再編の理由

ラリー・ペイジのブログ ラリー・ペイジは8月10日のブログでは、こう書いている。 「今回の再編は、我々の経営規模をさらに大きくさせるものと考えている。インターネットにあまり関係のない事業を、グーグルと切り離して運営することができるからだ」  つまり、これまでグーグルはインターネット事業を柱としつつも、次世代技術など、いわば「海のものとも山のものとも」つかない事業も一緒の会社で行ってきた。  これにより、株主などから「あの事業はどうなっているのだ」と詰め寄られることもしばしば。だが、このアルファベット設立→グーグルおよびその他事業の独立により、グーグルはインターネット事業専門となり、前述のような批判は他のグループ会社に向けられるようになる。  もうひとつの考えられる理由は、今後10年20年といったスパンで考えた場合、インターネット事業はこれ以上の広がりがないと判断したのではないだろうか。  グーグルの検索エンジンや広告の仕組みは、インターネットそのものの普及に多大な貢献をしてきたし、グーグル自体の成長にも貢献してきた。  しかし、もはやインターネットは当たり前のものになりつつある。グーグルは、インターネットの世界で新しいことをやることよりも、違う分野――自動運転自動車や医療、宇宙など――に本腰を入れていくための、今回のグループ再編と受け取れる。  もちろん、その中心にグーグルの培ってきた情報検索技術が生かされていくことは間違いない。だが、グーグルはインターネットにとどまる気はないようだ。インターネットの世界を飛び越え、新しい世界へ事業を拡大するための準備なのだろう。

「攻め」の姿勢を崩さないグーグル

宇宙エレベーター

宇宙エレベーターとは、地上と宇宙をエレベーターでつなぐ輸送機関のこと。近年は技術の発展により、実現できる可能性が高くなっている。

 では、インターネットの世界を超えたグーグルは、今後どんな事業に力を入れていくのだろうか。  ひとつは、「人工知能」的なものだろう。着々と進んでいる自動運転自動車の開発などは、まさに人工知能の技術が活かされている。また、ロボットベンチャーや人工知能ベンチャーの買収も進めており、おそらく今後は、この分野をメイン事業としていくのだろう。  個人的には、頓挫している「宇宙エレベーター」に期待したい。インターネットにある全てをデータベース化して瞬時に検索できるなんていう、夢のようなことをビジネスにしたラリー・ペイジとセルゲイ・プリンなら、このくらいのことは実現できるのではないだろうか。  「アルファベット」の傘下に入ったグーグルは、26文字のうちの1つ。莫大な資金力とアイデアを武器に、今後「G」以外の事業が、世界を席巻する日は、意外に近いのかもしれない。 <文・写真/三浦一紀 Twitter:@KazMiu【三浦一紀】 ジャンル関係なくなんでも書きます系雑文ライター。どっちかというとインドア寄り。GIZMODO JAPANでも原稿書いてます。
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right