何度注意しても、同じミスを繰り返す後輩とのつきあい方

 ミスした瞬間は「申し訳ありませんでした!」と平謝り。でも、改善する様子もなく、すぐ同じエラーをやらかしまくる。さっきの反省は一体何だったのか。ツッコむ気力もなくなるほどコリない。そんな相手とどうつきあっていけばいいのか。

後輩 今回は江戸時代の大阪を舞台に、青物問屋の奮闘を描く時代小説『すかたん』(朝井まかて・講談社文庫)から対策を探ってみたい。本作は主人公・千里が青物問屋「河内屋」の若旦那と衝突しながらも“幻の野菜”作りに励むという物語だ。

「潰した本人にはそれを作り直す責めがある」

 主人公・千里と若旦那・清太郎は事あるごとにぶつかる。仕事でしくじり、落ち込む清太郎にも千里は容赦しない。「潰した本人にはそれを作り直す責めがある」と尻をたたく。

 千里の態度は冷たく見える。しかし、厳しさが実力を引き出すこともある。ミス続きの後輩との関係に応用するなら、先回りして世話を焼くのを一切やめる。ミスの尻拭いも後輩自身にさせる手もある。“痛い目”を見るチャンスを奪わないことも先輩の仕事なのだ。

「これだけ苦労したんだから報いも相応に欲しいて深追いすんのは素人や」

 河内屋の若旦那・清太郎曰く「これだけ苦労したんだから報いも相応に欲しいて深追いすんのは素人や」。ダメとなったら、見切りをつけるのも重要だと説く。今回の事例に応用するなら、まずは「教えてやったのに……!」という腹立たしさを手放すあたりか。

 冷静にミスが起きた状況を観察すると、思わぬ発見があるかもしれない。例えば、形式的なCC:メールや新人を萎縮させる職場の空気、複雑すぎる命令系統など。中堅以上にはごく当たり前のことが、ミスを誘発している可能性もある。

「どない小さなことでも、取り組んだ物事の質をちょっとでも上げてこそ仕事や」

 本書に登場する「河内屋」の女主人・志乃は「仕事いうもんは片づけるもんとちゃいます」が持論。主人公・千里ら奉公人たちにも「取り組んだ物事の質をちょっとでも上げてこそ仕事」と教える。

 この考えは、懲りない後輩とのやりとりにも役立つ。その場で復唱させたり、注意するタイミングを変えてみたり。他人を変えるのは難しいが、自分は変われる。ほんの少しアプローチを変えただけで、劇的に変化することもありうるのが仕事の醍醐味でもあるのだ。

<文/島影真奈美
―【仕事に効く時代小説】『すかたん』(朝井まかて)-

<プロフィール>
しまかげ・まなみ/フリーのライター&編集。モテ・非モテ問題から資産運用まで幅広いジャンルを手がける。共著に『オンナの[建前⇔本音]翻訳辞典』シリーズ(扶桑社)。『定年後の暮らしとお金の基礎知識2014』(扶桑社)『レベル別冷え退治バイブル』(同)ほか、多数の書籍・ムックを手がける。12歳で司馬遼太郎の『新選組血風録』『燃えよ剣』にハマリ、全作品を読破。以来、藤沢周平に山田風太郎、岡本綺堂、隆慶一郎、浅田次郎、山本一力、宮部みゆき、朝井まかて、和田竜と新旧時代小説を読みあさる。書籍や雑誌、マンガの月間消費量は150冊以上。マンガ大賞選考委員でもある。


すかたん

江戸娘と浪華の“すかたん”が恋仲に!?

この連載の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円はこう着状態継続か

東京市場 前日のNY市場でパウエルFRB議長が「緩やかな利上げを継続する根拠が強い」と述べたことを受けて、日経平均が上昇したことを切っ掛けにドル円は一時110.76円近辺まで強含みました。 ロンドン市場 欧州勢参入後には円売りが一巡したことでドル円は110.11円近辺まで反落しました。また… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由