転職人気企業、トヨタが6年ぶりに首位奪還。ネット系企業も躍進

HBO取材班
 8日、インテリジェンスの転職サービス「DODA(デューダ)」は、22~39歳のビジネスパーソン5,161人を対象に「転職したい会社」を調査した結果を「DODA転職人気企業ランキング2015」とまとめて発表した。

転職

illustrated by geralt (CC0 Public Domain)

 同ランキングによれば、2015年の総合ランキングは、1位トヨタ自動車、2位グーグル、3位ソニーという結果になった。

 この5年ほど首位の座をキープしていたグーグルを抑え、トヨタが6年ぶりに首位を奪還した形だ。その背景には、営業利益・純利益とも2年連続で過去最高と好業績に加え、理系女子学生のキャリア構築支援を狙いとした「トヨタ女性技術者育成基金」設立(2014年)などのダイバーシティ推進も、女性を中心とした支持の拡大に繋がったとしている。

 円安の追い風を受けてトヨタ以外の自動車メーカーも順位を上げており、本田技研工業が7位(2014年は10位)、日産自動車が34位(同81位)とそれぞれランクアップを果たす結果になっている。

 また、ここのところ世間的には今ひとつ精彩を欠いているソニーだが、転職人気では8年連続3位以内にランクインしており、業績に左右されないブランド力の盤石さがうかがえるとしている。

 全体的にはヤフー(16位)やクックパッド(44位)がそれぞれ2014年から20位、15位のランクアップ、LINE(64位)が130位以上のランクアップを果たすなど、インターネット/広告/メディアでランクアップした企業が目立つ結果になった。

転職人気企業ランキング2015参照:「DODA転職人気企業ランキング2015
<文/HBO取材班>

4
5
関連記事
6
7