アメリカ株でドル高にも便乗する投資術

日経平均2万円超えで影が薄くはなっているものの、実はアメリカの株価も史上最高値を更新する未曾有の快進撃を続けている。世界一の経済大国は今後も成長できるのか、アメリカ株投資の魅力とノウハウを成功者に聞いた!

日本のネット証券で取引が可能

⇒【前編】

 さらに個人投資家のおっさん氏は、堅実派の投資家なら日本でもおなじみのウォルト・ディズニー・カンパニーもオススメだという。

「日本の投資家には東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドの株が人気ですが、成長余地の大きい本家本元に投資するほうが効率的。ほかにも世界的に有名なグローバル企業が多いのがアメリカ株の魅力ですが、個別企業を絞りきれない場合は市場全体に投資できるETF(上場投資信託)もいいでしょう」

 一方、金融経済アナリストの春山昇華氏は、ある程度リスクを取って大化けを期待するなら、低迷していた業績と株価に復活の兆しが見えてきたコーチ、そしてカリスマ経営者率いるバイオ企業のセルジーンが注目だという。

 ただし、心配されるのは、今年中の実施が噂されるアメリカの利上げだ。一般的に利上げは企業の資金調達コストの上昇につながるため、株価の下落要因とされているからだ。

「利上げを機に一時的に株価が下落することは十分あり得るので、一度に投資するのではなく何度かに分けて投資していくのが無難です。いずれにしろ一生つき合うつもりでじっくり長期投資するのがオススメ」(おっさん氏)

 ちなみに、アメリカの株式は主要ネット証券で外国株口座を開設することで、直接投資することが可能だ。その多くはNISA(少額投資非課税制度)の対象で、確定申告が不要な特定口座に対応するところもある。

 日本株と異なり1株から少額で投資できるが、売買手数料はやや割高なのであまり小分けにすると手数料負けしてしまうので注意したい。また、日本円から米ドルに両替する為替手数料も必要だ。

 アメリカはなんといっても世界一の経済大国。当面は「ドル高トレンドの恩恵にも与かれる」こともあるし、長いものには素直に巻かれてみるのが成功の近道か!?

<強さを感じるアメリカ株推奨銘柄>

●ウォルト・ディズニー・カンパニー[DIS]
現在株価:110.26USD/目標株価:132.31USD
世界中で愛され続けるミッキーマウスなどのキャラクターや映画製作、テーマパークやリゾート事業などを展開するエンターテインメント企業

●コーチ[COH]
現在株価:37.53USD/目標株価:58USD
バッグなど日本でも高い人気を誇る高級皮革品、服飾品メーカー。「株価はここ数年下落基調で低迷気味だが、もし復活すれば高騰もありえる」(春山氏)

●セルジーン[CELG]
現在株価:116.09USD/目標株価:240USD
数多くの新薬を世に送り出すグローバルなバイオ医薬品企業。株価はここ3年で約3倍になっているが、「上昇余地はまだ十分ある」(春山氏)

株価は5月25日時点の終値

【おっさん氏】
個人投資家、ブロガー。アメリカ株の長期投資で1億円を目標に運用中。ブログ「打倒!金持ち父さん」(http://www.best-investor.com)の管理人

【春山昇華氏】
金融経済アナリスト。ロンドンでの投資業務や国内系・外資系の投資信託顧問会社などを経て、現在は金融機関で運用関連業務に携わる

取材・文/森田悦子

4
5
関連記事
6
7