周囲の人たちが自分の発言に責任を持ってくれないのは、なぜ?

【石原壮一郎の名言に訊け】~林家彦六の巻~

Q:世の中は嘘つきばかりだ。会社の後輩女性が「ご飯でも食べに行きましょうよ」と言うから、とりあえず「検討しておくよ」と返事をして、スケジュールを調整してお店を調べた上で一週間後に声をかけたら「もういいです」と断られた。自分から誘ったくせに! 取引先との仕事の話でも、じっくり考えたほうがいいと思ってその場での返事を保留すると、次に会ったときにはそんな話はなかったような顔をされる。どうしてみんな自分の言ったことに責任を持てないんだ!(東京都・25歳・技術職)

写真はイメージです。

A:なんだか生きることに不器用そうな方からの相談が来ました。今日も喫茶「いしはら」のカウンターでは、町内の常連さんたちがくつろいでくださっています。ちょうど、落語が大好きで落語家になりたかったけど、家業の本屋さんを継がなきゃいけなくて落語の道はあきらめた丸さんが来ているので、ちょっと聞いてみましょう。ずいぶん怒ってますけど、どうしたもんでしょうね。

 何を言ってやがんだよ、このとうへんぼく。鉄は熱いうちに打て、天ぷらは熱いうちに食えって、昔から決まってんだ。せっかく誘ってもらってんのに、1週間も間をおくヤツがあるか。人の気持ちってのは、あっという間に移り変わるんだよ。ウチに来るお客さんも、読みたい本がそのとき店に置いてないと、予約して待ってまで買おうと思ってくれないもんな。もしかしたらネットで注文してのかもしれないけどさ。

 本屋の愚痴はさておき、こいつには、俺の尊敬する林家彦六師匠の言葉を贈りたいね。弟子の林家木久蔵(現・木久扇)がネタにして広まった話だけどな。ある時、木久蔵は鏡餅のカビを小刀で削っていた。その様子を見ていた師匠とこんなやり取りがあったそうだ。

「師匠、どうして餅ってカビが生えるんでしょうかね?」
「ばかやろう、早く食わねえからだ!」

 そうなんだよ。物事にはタイミングってのがあるんだ。ウダウダ考えたり迷ったりしてないで、さっさと行動すりゃいいんだよ。じゃないと、せっかくの気持ちにやヤル気にカビが生えちまうからな。餅にカビが生えるのは当たり前だし、理由なんて考えても仕方ねえ。「早く食わねえからだ」と言い放った彦六師匠は、人生の真実を突いてるね。

 師匠はほかにも、春風亭小朝にもらったアーモンドチョコレートを食べて「やい、小朝、このチョコレートには種があるぞ」と言いながらアーモンドを吐き出したとか、味のある逸話をたくさん残してくれてる。要は、そんなに肩肘張ってないで、気楽に自由に生きろってことだな。言葉ってのは賞味期限が短いんだ。いつまでも責任なんか持ってられねえよ。

【今回の大人メソッド】「あのときこう言った」と責めるのは筋違い

 言葉は、口から出た瞬間から鮮度が落ちていきます。時間がたてば意味やニュアンスが変わっていくのは仕方ないし、それは嘘をついたわけでも不誠実なわけでもありません。言葉のそういう性質を無視して、カビがはえた昔の発言を持ち出してきて「あのときこう言っじゃないか」と責めるのは筋違いだし、大人としてちょっと卑怯だと言えるでしょう。

【相談募集中!】ツイッターで石原壮一郎さんのアカウント(@otonaryoku )に、簡単な相談内容を書いて呼びかけてください。

いしはら・そういちろう/フリーライター、コラムニスト。1963年三重県生まれ。月刊誌の編集者を経て、1993年に『大人養成講座』(扶桑社)でデビュー。以来、さまざまなメディアで活躍し、日本の大人シーンを牽引している。『大人力検定』(文春文庫PLUS)、『大人の当たり前メソッド』(成美文庫)など著書多数。近年は地元の名物である伊勢うどんを精力的に応援。2013年には「伊勢うどん大使」に就任し、世界初の伊勢うどん本『食べるパワースポット[伊勢うどん]全国制覇への道』(扶桑社)も上梓。最新刊は、定番の悩みにさまざまな賢人が答える画期的な一冊『日本人の人生相談』(ワニブックス)


この連載の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円はこう着状態継続か

東京市場 前日のNY市場でパウエルFRB議長が「緩やかな利上げを継続する根拠が強い」と述べたことを受けて、日経平均が上昇したことを切っ掛けにドル円は一時110.76円近辺まで強含みました。 ロンドン市場 欧州勢参入後には円売りが一巡したことでドル円は110.11円近辺まで反落しました。また… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由