与沢翼、「カジノで勝ちまくり」は本当か?

「秒速で1億円」を稼ぐ男・与沢翼氏。昨年、税金滞納問題で倒産危機にさらされていたが、その滞納していた税金はすべて完済し、現在はシンガポール一のタワーマンションに拠点を移していた。税金騒動の顛末や移住の狙い、現在の生活、そして今後のビジネスプランを直撃した!

1時間で元金が2倍に!バカラ必勝術とは?

カジノ

わずか1時間で50万円勝ち! 5.5万シンガポールドル(約500万円)を手にカジノの前で記念撮影。通りすがりの外国人も「Oh!」と絶叫

「VIP用のカジノは会員以外入れないので、今日は普通のカジノへ行きましょう」と言いながら、5万シンガポールドル(約440万円)という大金を手にカジノへ。「カジノではバカラしかやらない」との言葉どおり、ひたすらバカラに集中する与沢氏。最初の数回は予想が外れ20万円ほど負けていたが、チップに代えた元手約50万円がわずか1時間で2倍の100万円に! 驚く取材陣を前に与沢氏はこう語り出した。 「バカラは『プレイヤー』か『バンカー』か、どちらのカードが9に近いかを予想するゲームで、同点を除けば勝率は2分の1。極論をいえば、一度プレイヤーが勝ったら次はバンカーが勝つはず。でも、実際にはそんな都合よく交互に勝敗が分かれたりはしませんよね。だからこそ、テーブルのクセを見極めるのが大事なんです」  また、「イケる」と思ったときには大きく賭けるのもコツらしい。
バカラ

ゲーム前には冷静に出目表を見つめ分析する。「テーブルの“クセ”を見極め、打って出るところを決めて分散投資していけば、こんな簡単なゲームはないですよ」

「出目表を見て、バンカーもプレイヤーも3連勝しかしていなかったとする。例えばプレイヤーが3連勝していたとき、次はバンカーに賭けるんです。本来、次の確率も半々なのですが、バカラにはテーブルのクセがあって、“勝てる”ときに通常の数倍の金額を賭けて勝ちにいくのがポイントです」  さらに、資金は豊富に用意することも肝心だと与沢氏は続ける。 「一日に50万円負けたら、その日は切り上げます。要は損切りが大事なのですが、手持ち金が少ないと気持ちに余裕がなくなり、冷静な判断ができない。だから、私は投資用として2500万円ほどプールして、『この50万円はあくまで全体の資金のうちの2%である』という意識を忘れず、気持ちの余裕を保つようにしています」 ⇒【画像】はこちら http://hbol.jp/?attachment_id=37095
カジノ

現在、カジノは与沢氏の大事な収入源のひとつ。「カジノでは一日に500万円近く勝つこともザラです。家具はその儲かったお金で買いました」と語る。いつでもハイリスク・ハイリターンを狙うその勝負強さは健在か?

 100万円相当のチップを現金化し、颯爽とカジノを後にした。

1週間ひきこもりも。意外と地味な日常

与沢翼

「相場自体は一日1時間ほどしか見ていませんが、毎日14時間ぐらい株の勉強をしています」という与沢氏。ソフトバンク株を4300万円ほど買い、一日で120万円の利益に。「今後はこの部屋に10面モニターを設置したいですね」

 そして、気になるのが夜遊びだ。かつて六本木を毎晩闊歩していた与沢氏だが、移住後のナイトライフもさぞ充実しているのでは? 「今は全然夜遊びはしてないですね。最近株式売買も始め、この1週間も一歩も外に出ず、ずっと株の勉強で引きこもっていましたから(笑)。先輩方に誘われたときなどは多少夜遊びしますし、時には仲間とクルージングや旅行に行くこともあります。でも、今は家で仕事をして、犬と遊んで、あーたんが作ってくれた手料理を食べる。それが一番の幸せですね」 ⇒【画像】はこちら http://hbol.jp/?attachment_id=37131  そう語りながら、柔和な表情で笑う与沢氏。かつて日本で天国と地獄を見た男が行き着いた幸せは、案外平和なものだったようだ。 ⇒【画像】はこちら http://hbol.jp/?attachment_id=37100 撮影協力/HARU 3 Magazine Road #01-01 シンガポール 059570(http://www.facebook.com/harulounge) ― 完全復活?与沢翼シンガポール豪遊生活に密着【2】 ―
ハッシュタグ
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right