プロが教える[NISA口座]の新常識

少額投資非課税制度、通称NISA(ニーサ)。1月より導入され、“貯蓄から投資”の流れを作るキカッケになると期待されている。利益に対してかかる約20%の税金を0%にする一見お得な制度だが、導入後に見えてきた新情報が多数。その全貌を明らかにする!

投資信託&積み立て型投資がNISAとの相性バツグン!?

NISA 今年1月にスタートした少額投資非課税制度、通称「NISA(ニーサ)」。日本証券業協会の発表によれば、今年3月末の時点で証券会社のNISA口座数は約421万口座。これに銀行などの金融機関の口座を合わせれば、合計で約600万口座にものぼる見込みだとか。だが、その一方で、開設はしているが機能していない口座、いわゆる“空口座”が約8割近くもあるという。そこで、動き始めたNISAの新常識をプロから教えてもらった。

「スタート前は未知数だったNISAですが、実際に動き始めると、30代から40代の女性を中心に口座の契約数が伸びたと言われています。ただ、始めてすぐに武田薬品などの高配当株を狙って株式に飛びついた人のなかには、2月の株安に巻き込まれて損失を引きずっている人も多いと聞きます。現段階では値下がったときのリスクが高い株よりも分散投資によってリスクヘッジをしやすい投資信託をメインにする利用法が賢いです」

 そう語るのは、株式会社フィスコのアナリスト・小川佳紀氏。また、FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社の神戸孝氏は、さらに一歩上の視点からNISA攻略法を分析し、活用術を編み出す。

「いくら『貯蓄から投資へ』と言っても、これまで貯蓄しか経験のない人は、儲かる以上に“損”をしたくないという心情のほうが強い。そこでオススメなのが定額投資による『積み立て型』投資です。投資信託なら中小型の日本株ファンドや世界中の株式に投資を行うファンドがオススメです。長期で見た場合、上下のブレがあり、なおかつ買い始めてから値下がりしたほうが、安くなった分たっぷり仕込めるので、最終的に上がってきたときに実はパフォーマンスがいい。NISAは『積み立て』との相性が非常にいいんです」

 一方、ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏は、NISAのシステムをキチンと理解したうえで、割り切りかつ思い切りのよい投資を目指すべきだと語る。

「基本的な話ですが、NISAは利益をあげないと非課税の恩恵が得られません。つまり、儲かってなんぼ。従って短期なら今、上昇トレンドが鮮明に出ている米国株、長期なら今年の頭に急落した新興国の株式を投資対象としている投資信託やETFが狙い目です。どうせ100万円までしか買えないんですし、無難なところを狙うよりは、振り切った投資スタイルのほうがNISAには合っています」

動き始めたNISAを効率よく攻略せよ!

 とはいえ、NISAにはまだまだ課題も多い。

「今後の最大の焦点はやはり損益通算と投資枠の拡大。使い勝手が良くなれば、それだけNISAをやろうとする人もおのずと増えるはず」(小川氏)

「無事に制度が始まり、今は第2ステップ。これから投資未経験者や初心者にどれだけ広まるかがポイントですね。基本的なシステムはしばらく変わらないと思いますが、株価が低迷してくれば、何らかの救済措置やテコ入れが施されるはず」(深野氏)

「現時点での評価は100点満点で60点。ほとんどの人が様子見をしている段階でしょう。今年分の投資期限である12月に駆け込みで商品を購入する人が多くなるのでは」(神戸氏)

【小川佳紀氏】
フィスコリサーチ部アナリスト。中堅証券会社を経て現職。株式市場から為替市場まで、幅広くマーケットをウォッチする。新興市場を中心としたリサーチ力に定評がある若手のホープ

【神戸 孝氏】
FPアソシエイツ&コンサルティング代表。三菱銀行、日興証券を経て、’99年に会社を設立。資産運用に強いFPとして評価が高い。著書に『NISAで儲けろ!』(朝日新聞出版)など多数

【深野康彦氏】
ファイナンシャルリサーチ代表。ファイナンシャルプランナー。テレビ・ラジオ番組などでも活躍。著書に『1万円から始めるETF投資』(日本経済新聞出版社刊)など多数

― プロが教える[NISA口座]の新常識【1】 ―


この特集の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由