呼びかけ人や世話人に複数の自民党国会議員も。統一教会主導の新型コロナ終息祈念“1万人”イベントが国立施設で開催の“怪”

国会議員を呼びかけ人や世話人に統一教会が開催するイベントのチラシ

国会議員を呼びかけ人や世話人に統一教会が開催するイベントのチラシ

 統一教会(家庭連合/天の父母様聖会 世界平和統一家庭連合)が京都府内の国立施設で4月上旬に開催する新型コロナ終息祈念“1万人”集いイベント。このイベントに、複数の自民党国会議員が呼びかけ人や世話人として関わっていることが判った。

自民党国会議員らが関与

 問題のイベントは4月4日に国立京都国際会館で開かれる『新型コロナ終息を願う京都1万人祈りの集い ~世界平和への道~』なるもの。入手したチラシを見ると、イベントの主催は『新型コロナ終息を願う京都1万人祈りの集い実行委員会』となっているが、実行委員長は統一教会の京都教区長だ。さらに「天の父母様聖会・世界平和統一家庭連合」や教団系列組織「京都府平和大使協議会」などが共催していることから、実質的に統一教会の主導イベントと見られる。 この“集い”のチラシの裏面には、地元選出の自民党国会議員4人が呼びかけ人や世話人の筆頭として印字。呼びかけ人として二之湯智参院議員(京都府選挙区)、世話人には田中英之衆院議員(京都4区)、木村弥生衆院議員(京都3区/比例復活)、繁本護衆院議員(京都2区/比例復活)が地方議員らとともに名を連ねている。
チラシ裏面

世話人には国会議員の他、府議や市議なども名を連ねている(イベントチラシ裏面)

実行委員長は教団幹部、連絡先も教団施設と同じ

 イベント実行委員長の安永來(アン・ヨンレ)氏は統一教会の国内各地の教会長や教区長を歴任、今年2月に人事異動で奈良教区長から京都教区長に転任した教団幹部だ。
限定公開されている安永來実行委員長の挨拶映像

限定公開されている安永來実行委員長の挨拶映像。教団ロゴマークが確認できる(新型コロナ終息を願う京都1万人祈りの集いYOUTUBEチャンネルより)

 また、チラシに印字されていたイベント連絡先電話番号は、世界平和統一家庭連合京都教区の施設『京都ミライノ』のものと同一だと確認できた。 『京都1万人祈りの集い』において神道国際学会理事長の肩書きで特別講演を行う三宅善信氏は、金光教の春日丘教会長。同学会の設立者はワールドメイトの深見東州教祖だ。  統一教会系の『宗教新聞』2020年5月17日号には、2面を使って三宅氏のインタビュー記事が掲載された。 〈参照:新型コロナウイルス感染症について三宅善信代表のコメントが『宗教新聞』誌に掲載|RELNET昨年2月にパンデミックを警告 三宅善信神道国際学会理事長の著書|宗教新聞
次のページ
会場使用の口利き疑惑も
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right