王室での処遇を”暴露”したメーガン妃の表情から、専門家が読み取ったものとは

 こんにちは。微表情研究家の清水建二です。  本日は、3月7日にアメリカのCBSで放送された”メーガンとヘンリーとオプラ[Oprah with Meghan and Harry: A Primetime Special].”におけるメーガン妃の心理を推測したいと思います。
Oprah With Meghan And Harry: A CBS Primetime Special

(Photo by Harpo Productions/Joe Pugliese via Getty Images)

王室での苦悩を赤裸々に暴露したインタビュー

 番組では86分間にわたるインタビューが放映され、メーガン妃及びヘンリー王子の口から、王室での困難な生活、メーガン妃とキャサリン妃の確執、王室への不信、息子アーチーに対する人種差別問題、メーガン妃の抱えていたメンタルヘルス問題、王室離脱の理由、エリザベス女王やチャールズ皇太子やウィリアム王子との関係について語られました。  とりわけメーガン妃の抱えていたメンタルヘルス問題と息子アーチーに対する人種差別問題は、放送を観た多くの人々の中で物議を醸し出し、英国王室も「指摘された様々な問題、特に人種に関するものは、懸念される。記憶は人によって異なるかもしれないが、指摘はいずれも深刻に受け止め、家族が内々に対応する。ハリー、メーガン、アーチーはいつまでも、大いに愛される家族の一員だ」とコメントしています。  この二つの問題について、表情・言語分析の知見を用い、インタビューの情報のみから推測できることを書きたいと思います。  結論から言うと、メーガン妃の抱えていたメンタルヘルス問題は事実の可能性が高く、息子アーチーに対する人種差別問題は事実と考える前に精査が必要、と私は考えます。  

精神的に追い詰められていたメーガン妃

 最初に、メーガン妃の抱えていたメンタルヘルス問題について考えます。インタビューの37分後以降の場面です(編集部注:なお、筆者が参照した動画は日本の通常回線から視聴不可能であるため、タイムコードは省略致します)。  メディアの様々なバッシングなどに苦しんでいたメーガン妃は、ヘンリー王子に自分の苦悩を訴えることを恥じていたものの、告白しなければ自ら命を絶っていたかも知れないと告白します。このとき、眉の内側だけが引き上げられる悲しみの表情が観られます。  また、「生きていたくないという考えはとても明確で怖かった」と語りながら、眉が引き上げられると同時に眉間に力が入る恐怖表情を生じさせています。  この悲しみと恐怖表情は、意図的につくることが難しい表情筋であることが知られ、メンタルヘルスの話題を語っているメーガン妃の表情に多々、浮かんでいるのが確認できます。苦悩の言葉と表情とが一致しており、精神的に苦しめられていた様子が伺えます。  さらに、王室がサポートをしてくれなかったため、前の職場の組合に助けを求めたところ、「あなたの置かれている状況に同情するけど、職員ではない人には何も出来ない」と返答を受けたと語ります。そして、会話の再現が観られます。会話の再現は、真実の体験者に起こる傾向にあることが知られています。  以上の非言語・言語反応より、ウソのサインは確認できず、メーガン妃の抱えていたメンタルヘルスの問題は事実であった可能性が高いと考えます。
次のページ
人種差別の話では、違った表情を見せる
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right