服役中の囚人がかつて強盗を働いた銀行の頭取に手紙を送ったところまさかの返信が

償い

shutterstock

刑務所から発送された一通の手紙

「アナ・パトゥリシア様、この手紙をどのように焦点を当てればよいのか分かりません。またこの手紙があなたの手元に届くとも思いません。実際、あなたの秘書課の秘書でさえそれを読むようになるとも思いません。しかし私にはこの手紙を書く必要があるのです。その必要さから(あなたに手紙を送るという)大胆さも生じるのです。ということから、私は今日あなたにこれらのことを伝えるべく手紙を書くのです・・・・私は麻薬との問題から手に拳銃をもって銀行支店を襲うようになったのです。その支店の多くがサンタンデール銀行だったのです」  こんな文面で始まった手紙の宛名であるアナ・パトゥリシアは、名門銀行家一族に生まれ、昨年までスペインで資産高で最大だった銀行「バンコ・サンタンダール」の頭取であり、2020年度のフォーブスによるスペインで影響力を持つ上位25人の女性の中で、レティシア女王に次ぐ2位にランキングされている超セレブである。そして、この手紙を書いた人物は2002年からブルゴスの刑務所に服役中のフーリオとう名前の53歳の人物である。  フーリオが、この手紙を書いたのは、過去に彼が犯した強盗罪で、この銀行支店を襲い、脅迫した行員に謝罪をしたいという希望からであった。フーリオは服役して既に20年が経過するが、刑務所内で社会復帰支援活動にも積極的に参加し、その責任者ビルヒニア・ドミンゴからも信頼を得るようになっていた。そこで、彼が襲った銀行支店の行員に謝罪したいという彼の願いに応えるべくドミンゴは文章の作成などに協力したという。

当然ながら返信はなし。するとフーリオは……

 ところが発送した手紙は、誰からも返信がなかった。それもそうであろう、刑務所に服役中の人物から謝罪したいという手紙を受け取っても、それに対してどのような反応をしてよいか分からず結局はその手紙は被害を受けた行員の引き出しの中に埋もってしまうか、ごみ箱に捨てられるのがおちであろう。  しかし、フーリオは誰からも返信がなかったということに失望するのではなく、バンコ・サンタンダールの頭取に敢えて手紙を送ることに決めたのである。それが昨年11月のことであった。  冒頭の手紙の内容でも明らかなように、彼自身もまさか頭取の手元にまで彼の手紙が届くとは想像しなかった。しかし、謝罪したい相手の誰からも回答を貰えなかったということで、いちかばちか、彼らの親分である頭取に送って回答がなければ諦めるつもりでいたようだ。  彼は、なぜバンコ・サンタンデールに集中して襲ったかという理由から始まって強盗するに至るまでの境遇を手紙の中に認めた。バンコ・サンタンデールの支店を主に襲うことにしたのはそれがスペインで最大の銀行だということでそこから僅かのお金を強奪してもそれは大きな銀行だから全く影響はないはずだという意識をもっていたからだという。
次のページ
囚人の元に届いた返信
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right