有名お弁当店の「1キロ弁当」に挑戦! その結果は

001 大盛りの上をいく特盛り、メガ盛り、ギガ盛り……。ボリュームたっぷりでお腹いっぱい食べられる「デカ盛りグルメ」は大食漢やフードファイターにとって定番といえるだろう。  そんな中、亀戸にある「キッチンDIVE」は、1キロ弁当や1キロおにぎりといった激安デカ盛りメニューを販売する弁当屋として知られている。  今回は破壊力抜群の1キロ弁当を実食し、そのボリュームの凄さを味わってみたいと思う。

「激安」「デカ盛り」がウリなキッチンDIVE

 亀戸駅から徒歩3分ほど歩いた京葉道路沿いにあるキッチンDIVE。12時過ぎに店前へ着くと、お昼どきだからか店内には多くの客が入っていた。  ドアは開けっ放しにしていて、外からでも平積みにされた弁当が所狭しと並んぶ様子を見ることができる。  そして何より目立つのが「挑戦者求む 1キロ弁当」の赤い垂れ幕だ。かたや「毎日満足 200円弁当」の文字も目に入る。  “激安”か“デカ盛り”といったところなのだろうか。エントランスだけでも、この弁当屋が稀有な存在だろうと伺い知れる。

店内でも異様に目立つ1キロ弁当

 早速1キロ弁当を求めて店内に入った。 002 多種多様な弁当が並べられている中央のテーブルのほか、「今月の来店者数」もリアルタイムに表示されている。ふらっと立ち寄って美味しそうな弁当を物色するのもいいかもしれない。  肝心の1キロ弁当は一目でわかった。明らかに量が違う。弁当箱がパンパンになるほどに具材やご飯が敷き詰められている。  定員にどれがおすすめか聞いたところ「うなぎ入りの1キロ弁当がいい」と教えてくれた。  こんなにたくさん弁当を作って売れ残らないのか尋ねると「24時間営業なので売り切れることが多い」とのこと。
次のページ
牛肉とうなぎにご飯。総重量1キロ
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right