日本でも入手可能? 中国製ワクチン流入[闇ルート]を追う

 2度目の緊急事態宣言のなか、ワクチン導入の時期について政府の説明は二転三転し、一向に予定が見えない。そうしているうちに中国製ワクチンが流入しようとしていた!

「日本にも輸出は可能だ」謎の業者の言葉は本当か!?

中国製ワクチン

トルコに提供されたシノバック製ワクチンの接種を受ける人。同国での有効性は91%に達したという 写真/EPA=時事

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからぬなか、「救世主」として期待されるのがワクチンだ。  厚労省は昨年末、一般国民へのワクチン接種開始について「4月以降」としていた。  だが、1月に入って「5月下旬から6月上旬」と延び、さらに20日には田村憲久厚労相が「年内までに(米ファイザーから)供給を受ける」と、供給時期について後ろ倒しになる可能性を示唆した。  アメリカではすでに1000万人が、イギリスでも400万人がワクチン接種を受けているが、日本では接種開始の見通しさえはっきりとしないのだ。  そんななか、いつ順番が回ってくるかわからない公的ワクチンにしびれを切らすかのように“独自ルート”で接種を受ける動きがひそかに広がりつつある。

既に富裕層や永田町では出回っている!?

≪水面下で出回る中国ワクチン 富裕層から永田町へ?≫  そんな見出しが躍ったのは、元日の『毎日新聞』web版。中国人コンサルタントによって日本に持ち込まれた国内未承認の中国シノファーム社製ワクチンを、企業トップや首相ブレーンとその家族ら計18人が都内クリニックで接種したというのだ。  その後、『週刊朝日』も大阪で同様のケースがあったと報道。合計すると30人近くが接種したことになる。  こうした「闇ワクチン」に対し、SNSでは接種を受けた人や、関わった医師に対する批判的な声が多数派だ。しかし同時に、「公的ワクチン接種を待っていられない」といった声も少なからずある。  中国との貿易業を営む都内在住の40代男性はこう本音を漏らす。 「私は可能なら、中国にまでワクチン接種を受けに行くことも考えていた。中国入国と日本帰国で計28日間、隔離されたとしても、いつまで続くかわからない自粛生活に耐えるよりマシです。  国内で接種できるのなら、中国への渡航費と同額までなら払ってもいい」  一方、中国政府が、折に触れて「厳格管理している」と強調してきた自国製ワクチンが、日本にひそかに持ち込まれることなどあり得るのか。  中国事情に詳しい、ジャーナリストで拓殖大学教授の富坂聰氏は、「すでに中国では1500万回分のワクチンが接種済みとされており、春節までにさらに急ピッチで進めている。そんななかで、現場レベルで数百人分程度の横流しがあっても不思議ではないでしょう」と話す。
次のページ
闇ワクチンは日本で入手可能?
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right