安定した公務員の職を捨てて資産4000万円でリタイア。月10万ちょっとで暮らす自由人

早期退職イメージ

: taa / PIXTA(ピクスタ)

 今、FIREという言葉が注目されている。これは、Financial Independence,Retire Earlyの略で、投資などで経済的自由を得て早期退職を目指す生き方のことだ。欧米の若年層から広まり日本に広まり、今では「FIREブーム」という言葉も。  今回は、安定した公務員の職を捨て資産4000万円でリタイアし、FIREを実行する金村圭介さんに取材した!

安定した公務員の職を捨てて資産4000万円でリタイア

「前職は公務員だったのですが、自分の能力を超える業務で働くことが苦痛で……。FIREで劇的に人生が好転しました」  そう話すのは、2年前に資産4000万円を元手にFIREを達成した金村圭介さんだ。現在は3000万円を超えるリスク資産には手を付けずに短期アルバイトと貯金を取り崩しながら、毎月10万円程度で生活。  投資を始めたのは、社会人1年目で200万円も貯金できたからだという。 「特に節約したわけでもないのに、当時の年間支出は100万円程度。給料が上がっても支出は増やさず、余剰金はすべて投資と貯金に充てたんです」  資産形成ではインデックス投資を中心に年3%の運用益を目標にしてきた。 「リスク資産については現在に至るまで放ったらかしです。資産形成のコツは無理せず稼いで節約を習慣化し、投資ポリシーをブレさせないことですね」 FIRE

金村さんの収支(’20年10月)

【収入】 就労収入 5万5000円 就労外収入 5万5000円 雑収入 1万7000円 合計 月に約12万7000円 【支出】 食費 6000円 娯楽費 6万円 住居費 3万円 医療費 3万円 通信光熱費 1万円 その他 1万円 合計 月に約14万6000円
次のページ
仕事を辞めて福岡から札幌へ移住
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right