東欧に並ぶ寿司セットとカップ麺。現地人が「めちゃくちゃ美味い」と絶賛する「コンビニ日本食」を食べてみた

 多様なメニューが並ぶ「コンビニ飯」。日本では、豊富な味と種類が揃い、なかにはグルメと呼ぶにふさわしい高品質な商品が日夜を問わず味わえる。

和食よりも恋しいコンビニ飯

寿司セット 筆者がそんな「コンビニ飯」のありがたみを再認識したのは、新型コロナウイルスをキッカケに東欧はポーランドでの移住生活がスタートしてからだ。  近年は地方都市でも日本料理店が増加してはいるものの、現在はコロナの影響で軒並み休業、もしくはデリバリーのみの営業となっている。外食にはお金がかかることもあり、気軽には頼みづらいのが現状だ。  また、本格的な和食が恋しいのはもちろんだが、小腹が空いたとき口にするコンビニ飯やお弁当、惣菜やスナックなども、味覚だけではなく明らかに質の差を感じることも少なくない。  「カサ増し」などネガティブな話題もあるものの、光り輝く棚に陳列された無数のコンビニ飯は、やはり日本の(特に一人暮らしの)食卓には欠かせないものだと、失って初めてその大切さに気づかされた。

コンビニに並ぶ寿司セットとカップ麺

 そんなコンビニ飯に恋い焦がれながら、ロックダウン生活を送っていたある日、近所のコンビニに足を踏み入れると……。なんと、寿司らしきものが陳列されているではないか!?  ポーランドではコンビニや日用品店は22〜23時ごろに閉まることが一般的で、それ以降はガソリンスタンドの売店や深夜営業の酒屋(それでも1時ごろには閉まる)に行くしかない。  そのため、日本のように24時間コンビニ飯が味わえるわけではないが、日本風の料理が楽しめることに変わりはない。さっそく店内を物色し、寿司セットひとつとカップ麺3種類を手にレジへと急いだ。気になるお味のほうは……?
次のページ
寿司セットは具材よりもシャリに難あり
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right