テキストデータからプレゼン資料を爆速作成する方法

laptop-2557468_640

StockSnap via Pixabay

テキストデータからプレゼン資料を爆速作成

 マークダウン(Markdown)という文書の記法がある。シンプルなテキストデータに、簡単な記号を付けることで、HTMLファイルに手軽に変換できるというものだ。プログラマーがよく利用する記法で、ソースコードのホスティングサービス GitHub や、プログラミング情報系ブログサイトなどでよく利用されている。  記法は非常にシンプルで、行頭に「# 」と書くと大見出しに、「## 」と書くと中見出し、「### 」で小見出しといった感じだ。強調は「*」や「_」で囲む。強い強調は「**」や「__」で囲む。  リスト表示したいときは、各行の頭に「* 」や「- 」を書く。タブや半角スペースでインデントすることで、階層構造になったリストを作ることもできる。リンクは「[タイトル](URL)」と書く。  他にも記号はあるが、マークダウンはこうした簡単な記法で、きれいなHTMLファイルに変換できるので生産性が高い。  変換するためのプログラムも、各種プログラミング言語に存在している。そのためプログラマーは、自分が使い慣れたプログラミング言語で、整形されたHTMLファイルを出力できる。  また、こうしたプログラムを使い、独自の拡張をおこなうことも可能だ。私も商業出版される技術書の原本や、同人誌の原稿は、マークダウンで書いている。そして拡張した自作ツールで、HTMLファイルやPDFファイルを出力している。  2月に出る『JavaScript[完全]入門』という本の原稿は、マークダウンで全て書いた。去年出た『Web小説のための NovelSupporterで超効率的に文章推敲する本』も、同じ手法で書いた。  原稿をテキストエディタでどんどん書けるので高速に執筆できる。Microsoft Word のように、痒いところに手が届かないということはない。用途に応じて、自分でプログラムを書いて拡張できるので非常に便利だ。  私の場合、HTMLファイルから、ePubやKindle用のファイルに変換するプログラムも自前で用意している。そのためマークダウンから、ノンストップで電子書籍を作ることができる。  このように、仕事に趣味に、マークダウンを活用している私だが、最近、素敵なプログラムに出会った。Marp というプログラムだ。副題に Markdown Presentation Ecosystem とあるように、マークダウンのファイルから、PDF や パワーポイントといった、プレゼン用のファイルを生成してくれる。  今回は、この Marp を紹介したいと思う。

テキストを書くだけで、PDFやパワーポイントのファイルを生成

 それでは Marp を紹介しよう。Marp のWebサイトは英語だが、開発しているのは日本の会社の日本の人だ。そのため、この手のソフトによくある「日本語が上手く出力されない」といった不具合はない。  たとえば、2ページのプレゼン資料を作りたいとする。 sample-01sample-02 その場合は、以下のように書くだけでよい。短いテキストを書くだけで、見栄えが整ったPDFやパワーポイントのデータを作ることができる。 text-1 — theme: gaia _class: lead paginate: true backgroundColor: #fff backgroundImage: url(‘https://marp.app/assets/hero-background.jpg’) — ![bg left:40% 80%](./img/logo_color.png) # るてんのお部屋 **同人技術書**と**同人ゲーム**のサークル crocro.com/shop/group/circle.html — # サークル紹介 こんな本やゲームを作っています。もっとたくさんありますよ! * 同人技術書 * HTML5とJavaScriptで作る タワーディフェンス 全コード * HTML5とJavaScriptで作る 落ち物パズルゲーム 全コード * レトロ風RPG フルスクラッチ開発 全コード * 同人ゲーム * TinyWar high-speed(高速RTS) * 無限世界SRPG(ローグライクSRPG)  少し解説しよう。「—」がページの区切り記号だ。最初の「—」区切りのブロックは、Marpの設定を書いている。  「![bg left:40% 80%](./img/logo_color.png)」は、画像を左40%の位置に、80%のサイズで表示という意味だ。画像の表示は Marp ではマークダウンから拡張されている。  あとは基本的に、通常のマークダウンと変わらない(Marpit Markdown)。  仕事先から「急ぎでプレゼン資料を作ってくれ」と言われたときに、とりあえずテキストの原稿を書いて、PDFやパワーポイントとして出力する。そうした時に、Marp は非常に有用だ。文字の原稿だけ書けばよいので、時間がない時にでもどうにかなる。利用環境さえ整っていれば、非常に短時間で仕事をこなすことができる。
次のページ
Marp を使ってみる
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right