トランプ大統領の「永久垢バン」問題。日本メディアとトランプ支持者に曲解されたメルケル発言

 これまで4人の死者を出し、アメリカはもとより世界中を震撼させた米連邦議会襲撃事件。同事件で襲撃を教唆したとしてトランプ大統領のツイッターアカウントが永久停止されたこと受けて、ドイツのメルケル首相の発言が注目を浴びている。

ツイッターが「垢バン」に踏み切った理由とは

アメリカ連邦議事堂

photo via Pexels

 表現の自由の侵害か、暴力賛美のポリシー違反か……。アカウント停止に踏み切った理由として、ツイッター社は次のような声明を発表した。(参照:Twitter Inc.)  (以下引用)  @realDonaldTrumpの永久停止について  アカウント、@realDonaldTrumpからの昨今のツイートとその周辺の状況(具体的には、それらがツイッター内外でどのように受け取られ、解釈されているか)を精査した結果、さらなる暴力行為の扇動の危険性があるため、アカウントを永久に停止することにしました。  今週、恐ろしい出来事が起きたことを受け、私たちは水曜日にツイッターのルールへのさらなる違反は、このような行動に帰結するとハッキリ述べました。私たちの公益の枠組みは、選挙で選ばれた役人や世界の指導者から直接話を聞くことができるようにするために存在しています。これ(ツイッター)は人々がアカウントに対して、公の場で支配権を持つ権利があるという原則のうえに成り立っています。  しかし、私たちは、これらのアカウントが完全に私たちのルールを超越しているわけではなく、暴力を扇動するためなどにツイッターを使用することはできないと何年も前から明らかにしてきました。私たちは、私たちのポリシーとその実施について透明性を保ち続けます。  以下は、当該ケースにおける当社のポリシー施行についての包括的な分析です。  <概要>  2021年1月8日、ドナルド・J・トランプ大統領はこのようにツイートしました:  ”私に、そしてアメリカ・ファースト、メイク・アメリカ・グレート・アゲインに投票してくれた7500万人の偉大なアメリカの愛国者たちは、未来永劫、大きな声を持つことになるだろう。彼らはどんな形であれ、見下されたり、不当に扱われたりすることはないだろう!”  その後まもなく、大統領はこのようにツイートしました:  ”お尋ねの皆様へ、1月20日の就任式には出席しません”  米国内で緊張が続き、2021年1月6日に連邦議事堂を暴力的に襲撃した人々に関する世界的な話題が急増していることから、この2つのツイートは、国内のより広範な出来事や、大統領の声明が暴力を扇動することを含め、さまざまな聴衆の動員を引き起こす可能性があること、およびここ数週間の当該アカウントの行動パターンの文脈を踏まえたうえで読まれなければなりません。  これらのツイートに含まれる文言を当社の「暴力の賛美」ポリシーに照らし合わせて評価した結果、これらのツイートは「暴力の賛美」ポリシーに違反しており、ユーザー@realDonaldTrumpは直ちにサービスから永久停止されるべきだと判断しました。

就任式欠席がさらなる暴力の引き金に

 <評価>  当社は上記2つのツイートを、他者に暴力行為の模倣を促すことや、暴力の賛美を防止することを目的とした「暴力の賛美」ポリシーに基づいて評価し、2021年1月6日に米国の連邦議事堂で行われた犯罪行為の模倣を人々に奨励して、鼓舞する可能性が高いと判断しました。  この判断は、以下のようないくつかの要因に基づいています:  ・就任式に出席しないというトランプ大統領の声明は、多くの支持者に選挙が正当なものではなかったことを追認するものとして受け入れられており、以前表明された、1月20日には「秩序ある政権移行」が行われるとするダン・スカビーノ大統領次席補佐官の2つのツイートを否定していると見られています。  ・2つ目のツイートは、彼(トランプ大統領)が参加しないことで、就任式が「安全な」ターゲットになるだろうという、暴力行為を考えている人たちへの鼓舞になりかねません。  ・彼(トランプ大統領)の支持者の一部を表現する「アメリカの愛国者」という言葉の使い方も、米国の連邦議事堂で暴力行為を行う者を支持していると解釈されています。  ・彼(トランプ大統領)の支持者が「未来永劫、大きな声」を持っており、「彼らはどんな形であれ、見下されたり、不当に扱われたりすることはないだろう!」という言及は、トランプ大統領が「秩序ある移行」の促進を計画しておらず、代わりに彼が選挙に勝ったと信じている人々を支持し、力を与え保護し続けることを計画していると解釈されています。  ・2021年1月17日の米国連邦議事堂や州議事堂への二次攻撃が提案されるなど、今後の武装抗議行動の計画はすでにツイッター内外で拡散され始めています。  このように我々の判断では、上記2つのツイートは2021年1月6日に行われた暴力行為を模倣するように他者を鼓舞する可能性が高く、また、そのような行為を促すものとして受け取られ、理解されているという複数の指標があると考えています。  (引用終了)
次のページ
メルケル首相が「アカウント停止に反対」は本当か
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right