「おい犯罪者」「GOGO制圧」。入管常勤医による被収容者イジメの異常な実態

「GOGO! 制圧!」と煽って無理やり点滴

「GOGO! 制圧!」と煽って無理やり点滴 にわかには信じがたいですが、当事者から聞くと本当に「GOGO! 制圧!」と言って点滴をしようとしていたそうです。「監視カメラを見てもらえれば本当だということがわかる」と言います。しかも職員たちに抑え込ませて、常勤医も一緒になって力強く足を押さえつけていたそうです。  無理やり点滴をさせようとしましたが、「あまりにも嫌がったので、見かねた職員が静止してくれた」と言います。この時は間一髪で中止になりましたが、他の被収容者たちは泣こうがわめこうが押さえつけられて点滴を打たれたそうです。本人の意思を無視しての医療行為は非常に危険なものだし、やってはいけないのではないでしょうか。

壁ドンで「おい犯罪者、嫌なら国へ帰れ」などの暴言

壁ドンで「おい犯罪者、嫌なら国へ帰れ」などの暴言 この常勤医は、摂食障害の被収容者を「ハンストだろう?」と言っては、相手がどんなに「ちがう」と答えても執拗に攻め立てるのです。 「常勤医の年齢は35~40歳くらいでは?」と被収容者たちからは言われているのですが、自分の父親ほど年上の人に対しても、暴言の数々を浴びせます。  しかも壁に追い詰めて、逃げられないようにしながら。被収容者はそれをもう聞きたくなくて身を縮め、目を閉じました。そうしたら口をこじ開け、「口がきけないのか?」。次は目をこじ開け、「目が見えないのか?」と面罵してきます。本当に医者なのでしょうか。
次のページ
「日本人の税金がもったいない」と勝手に薬を減らす医者
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right