『幽☆遊☆白書』の実写化決定!キャスティングをファンが予想してみた

舞台「幽☆遊☆白書」のサイト

ちなみに、舞台化はすでにされており、公式サイトの「CAST」にはなかなかの似具合の画像が
(写真は「舞台 幽☆遊☆白書」のサイトトップページ)

 週刊少年ジャンプの人気漫画『 幽☆遊☆白書 』がNetflixで実写化されるというニュースが出ました。それを受けて、SNS上ではキャスティング予想が錯綜しています。同作のファンに、おおいに期待を込めたキャスティングの予想をしてもらいました。

幽☆遊☆白書とは

 『幽☆遊☆白書』は、1990年から週刊少年ジャンプで連載が開始され、92年からはテレビアニメでも放映され人気を集めました。 物語は、主人公の浦飯幽助が死んでしまうところから始まります。そして、生き返るための試練を与えられた幽助は、その試練をクリアして生還するのです。  その後、霊力を手に入れた幽助は、人間界で悪事を働く妖怪退治をはじめます。そして、霊感の強い同級生の桑原和馬と出会い、さらには元は敵であった蔵馬や飛影といった妖怪とも、仲間として戦うことになっていきます。  物語の大きなピークとなるのは「暗黒武術会」で、浦飯チームは幽助・桑原・蔵馬・飛影に、幽助の師匠となる幻海を加えた5人で大会に臨みます。そこで、最大のライバルとなる戸愚呂兄弟との対決に進んでいくのです。

主人公幽助にキャスティングしたいのは?

 まずは主人公である浦飯幽助。ヤンキーでありながら交通事故にあいそうな子供を助けるという心の優しさを持ったキャラクターを表現できるのは誰でしょう。  「真っ直ぐな感じとイケメンすぎないところが、菅田将暉っぽいなと思います」(30代男性)という意見がある中、「ヤンキー感や眉毛の感じから、賀来賢人かなと思うんですが、菅田将暉山崎賢人になる気がします」(30代女性)という声も。  なお、賀来賢人さんは実写化のニュースが出た際に、自身のインスタグラムのストーリーに「もし浦飯幽助のオーディションがあるならこのシーンは絶対やらされるはずなので、久々に高校時代何回もやったアンテの練習してます」(アンテ=物語中に登場する呪文)と投稿するなど、需要と供給が合致している部分もあるようです。
次のページ
ライバルで親友の桑原は?
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right