夫婦別姓を「選択」することさえ許さぬ政党にそぐわぬ「自由」の2文字

夫婦別姓賛成7割! ところが自民党は……

 11月18日、早稲田大学の棚村政行教授と市民団体「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」が共同で行い、全国の20代から50代の男女7000人が回答したインターネット調査の結果が報じられました。  NHKの報道によれば、「選択的夫婦別姓」について、「他の夫婦が同姓でも別姓でもかまわない」として賛成と答えた人は、合わせて71%もいた一方で、「自分は夫婦同姓が良いし他の夫婦も同姓であるべきだ」として反対した人は14%に過ぎなかったという結果だったそうです。  この結果を受けて選択的夫婦別姓への機運が高まることを察知したのか、同日、自民党が夫婦別姓の「問題点」を議論する議連「『絆』を紡ぐ会」(仮称)を設立するというニュースも報じられました。

「民意」に耳を傾けないスタイル

20201118bessei1
次のページ
自民党のいう自由は誰がため?
1
2
100日で崩壊する政権

漫画だと笑えるけど、これ、ほぼ「現実」です

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right