AGA治療院に相談が急増…新しい生活様式は髪に害? コロナハゲの恐怖!

 新型コロナウイルスによる脅威は、経済面だけでなく、頭を守る大事な“髪”にも影響が出始めた!? 抜け毛が増える陰性者が続出しているという。その恐怖の理由を探った!
コロナハゲ

写真はイメージです

コロナハゲの恐怖!

『髪』は“長い友”と書くが、猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、突然の別れがやってくることもある――。  今年8月、新型コロナから回復したハリウッド女優アリッサ・ミラノが自身のSNSで髪の毛をとかすと大量に毛が抜ける“後遺症”があると告白する投稿を行った。  10月には国立国際医療研究センターが回復者を追跡調査したところ、脱毛などの後遺症が出るケースがあることも明らかに……。コロナとハゲに因果関係はあるのか? 実際に薄毛治療の専門クリニック「Dクリニック東京メンズ」でも、今年5月以降の相談件数が大幅に増加しているという。 「8月は4月比で331%、9月は394%。例年の2~3倍は相談者が増えています。しかし、そのほとんどが新型コロナ感染経験者ではなく“陰性者”なのです」  そう語るのは、同クリニックでAGA外来を担当する小山太郎医師。陰性者でもなぜハゲるのか?

募る将来不安とともに生え際が後退した!

 都内でコンサルティング会社に勤務する筧賢人さん(仮名・31歳)も、陰性ながらこの秋、生え際がすごい勢いで後退したという。 「美容室で前髪を上げられたとき、M字の角度がヤンキーの剃り込みみたいに進行していて、妻からも『あれ、急に生え際ヤバくない?』と指摘されました……」  昨年末に比べ、今年11月現在ではわかりやすく生え際が後退している。筧さんはまだ30代前半で、親族にもハゲはいない。まさか自分が?と心を揺さぶられたという。 「不摂生な生活でハゲるならわかりますが、暴飲暴食は控えているし、コロナ禍でスポーツジムに行けなければ週3回は筋トレ&ジョギングもしていました。肌や頭皮ケアもしていたのに……」  生え際の異変に気づいてから、毎朝起きては枕についた抜け毛を粘着シートで確認。その本数の多さに、ため息をつくのが日課になっていたそうだ。 「強いて心当たりを挙げるならば“ストレス”です。コンサルティングという職業柄、コロナの影響でクライアントからの相談も『倒産』や『契約打ち切り』といった重いものが増えました。あと緊急事態宣言中でも会社からはほぼ毎日出社を命じられているのに、上司から『絶対にコロナにかかるな!』というプレッシャーがすごくて……。おまけに妻のパートもなくなり生活費も月15万円足りず。本当にキツかった……」  経済活動が再開され、夫人も仕事を再開。筧さんのストレスも緩和されたがMの痕は残ったままだ。
次のページ
頭頂部の毛がGoTo
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right