戦極MCBATTLE主催、MC正社員が語る、コロナ禍のイベント業界。自粛要請で「人生が終わる」額の損害も<ダメリーマン成り上がり道 #37>

非常事態宣言下の新宿

sus756 / PIXTA(ピクスタ)

 経済面でも多くの人に大打撃を与えた、新型コロナウイルスの感染拡大。特にライブハウスやクラブの苦境を伝えるニュースは多かったが、クラブで開催されるMCバトルも開催が不可能になり、大きな損害を被った。「戦極MCBATTLE」を主催し、イベンターとしてMCバトル、ヒップ・ホップのシーンに関わってきたMC正社員に、コロナ禍でのバトルシーンを振り返ってもらった。

4月~6月は1本もイベントを開催できず

 まず、MC正社員が主宰する「戦極MCBATTLE」のコロナ禍での開催状況を確認しておこう。 <コロナ感染拡大期(今年2月~)の『戦極MCBATTLE』開催状況>  ・2月1日 『U-22 MCBATTLE 3on3 SP 2020-キャラ立ち3本マイク-』Circus Tokyo  ・2月15日 『戦極MCBATTLE 第21章 -TOP RANKAZ 2020-』Zepp DiverCity  ・2月26日 『戦極学園 in 渋谷Subciety 2月度』渋谷Subciety  ・3月5日【無観客で開催】『戦極春のファン感謝祭』CIRCUS Tokyo   ・3月25日 『戦極学園 in 渋谷Subciety 3月度』渋谷Subciety  ・4月5日【中止】「戦極MCBATTLE 修羅への道福岡大闘技杯』 福岡Kieth Flack  ・4月11日【中止】『戦極令和二年杯』club bar FAMILY   ・5月6日【中止】『U-22 MC BATTLE 2020 TOKYO CHAMPIONSHIP』Zepp DiverCity  ・7月5日『戦極MCBATTLE U-22 MC BATTLE REVENGE SPECIAL 2020』CLUB CITTA’  ・7月25日 『戦極Battle League 1 自粛からの復活編』CIRCUS Tokyo   ・8月10日 『戦極MC 西の16人選抜 2020』大阪 TRIANGLE  ・8月15日 『戦極Battle League 2 -我々は抵抗する編- 』Circus Tokyo  ・9月19日 『戦極甲子園』Circus Tokyo  ・9月20日 戦極Battle League 3  ・9月27日 9/27 U-22 MCBATTLE 秋の祭典 -vs OBs Dream match 2020-  通常では毎月複数本のイベントを開催している『戦極MCBATTLE』。今年2月には3本のイベントを実施していたが、3月~5月は予定していたイベントがほぼ全て中止。4月~6月はイベントを1本も開催しなかった。  「2月の初旬~中頃は、戦極を含めてまだ多くのイベントが普通に開催されていました。2月15日にZepp DiverCityで開催した『戦極MCBATTLE 第21章 -TOP RANKAZ 2020-』などは、通常通りの規模で開催していましたし、内容的にもとてもいいイベントでした。  それが2月末になると、Perfumeが東京ドーム公演の開催数時間前に中止を発表したりと(2月26日)、ライブやイベントがどんどん中止になっていったんです」  2月26日には政府が「今後2週間は大規模イベントを自粛すること」を要請。同日にはPerfumeのライブのほか、EXILEの京セラドーム大阪公演も中止となっている。

メルカリで消毒液に大金を払う

 ただ、政府が行ったのはあくまで「自粛の要請」。イベントの開催は主催者の判断に委ねられている部分が多かった。格闘技イベント「K-1 WORLD GP」が、当初の予定通り3月22日にさいたまスーパーアリーナで開催されたことは、世の中でもニュースになった。  「2月末~3月頭は多くのイベントが中止になりましたが、3月の途中からはイベントを再開する動きがありました。戦極の場合は、緊急事態宣言が出る前の最後のイベントは3月25日の『戦極学園 in 渋谷Subciety 3月度』。当日もコロナ関連の新しい情報がどんどん飛び込んでくるし、開催時間まで『マジどうしよう』と悩み続けていましたが、会場に出演者もお客さんも向かっている状況でしたから、その日は開催するしかありませんでした」  なお当時は消毒用のアルコールなども店舗では購入できず、「メルカリで1万円払って買ったりしていた」とのことだ。
次のページ
人生が終わる「自粛要請」の是非
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right