辺野古でジュゴンの鳴き声を4か月連続で検知。しかし防衛局は「人工物の音」ということにしたい!?

ジュゴンの鳴き声が検出された大浦湾

ジュゴンの鳴き声が検出された大浦湾「K4地点」(中原貴久子氏提供、2020年6月12日)

 政府が新基地建設工事を進める辺野古の海で、絶滅危惧種ジュゴンの鳴き声が今年4月・5月にも検出された。工事を実施する防衛省沖縄防衛局の調査によると、今年2月から連続4か月で確認されている。しかし防衛局は7月、風によって海上の人工物から出ている音である可能性も示唆した。  これまで防衛局は、「ジュゴンの鳴音(めいおん)の可能性が高い」と海洋生物の専門家から意見を得たとしてきた。しかし、なぜ今になってこのような「ドタバタ劇」が起きているのか。防衛局にとって「辺野古・大浦湾にジュゴンがいることが不都合だ」と思われても仕方がない、不可解な行動をまとめてみた。

4か月連続で鳴き声検出、しかし工事再開

工事の実施状況等について

沖縄防衛局、普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境監視等委員会(第27回)資料5 「工事の実施状況等について」より(2020年7月)

 まず、ジュゴンの音声が検出された場所は、大浦湾の西側に位置する、埋め立て予定海域付近だ。防衛局はジュゴン生息調査のために工事施工区域内に水中録音装置を2か所設置しているが、そのうちの一つの「K-4地点」で検出された。  4月は7日間で74回、5月は10日間で70回の合計144回検出された。そのうち工事が行われたのは4月3日と6日だけだった。4月17日から6月11日までは新型コロナウイルスの関係で工事が中断された。その影響もあってか、2月と3月の検出回数の計42回と比較すると、3倍以上に。しかし工事は、沖縄県知事や市民の反対の声を無視して6月12日に再開された。  4か月連続でジュゴンの鳴き声が検出されたことについて、日本自然保護協会主任の安部真理子さんはこう批判する。 「記録された音声がジュゴンの鳴き声ならば、日本政府は絶滅危惧種を絶滅に追い込んでいることになります。国際自然保護連合(IUCN)などの国際機関から責任を問われてもおかしくありません。本来は、ジュゴンの鳴き声らしき音が記録された時点で、すべての工事を止めるものです」

急浮上した「人工物の音」説

K4地点付近の海上のフロート

K4地点付近の海上のフロート。奥はキャンプ・シュワブ(2020年7月)

 しかし防衛局は7月末、同局が設置する環境監視等委員会で、この音声を「人工物による音」である可能性を示した。委員会資料によると、「鳴き声が検出された時間帯には北東から東寄りの風が吹く傾向があり、風による影響を受ける人工物として施工区域を仕切るフロート等が音を出していると考えられる」と報告したのだ。  水中録音装置は工事施行区域内2地点を含む沖縄島北部20地点に設置され、24時間の連続観測を行っていると防衛局は胸を張る。前述の安部さんは「水中録音装置は多額のお金を注ぎ込み、鳴り物入りで行なわれてきました。そんな装置が、ジュゴンの鳴き声とそうでない音の区別もつかないのであれば、世界の笑いものでしょう」と厳しく指摘した。  7月の環境監視委員会の資料を読むと、まず、ジュゴンの鳴音である可能性は認めている。しかし「監視船、ヘリコプターによる航空機調査、さらに季節毎に行うセスナによる重点海域調査を大浦湾で行ってもジュゴンの姿を認められなかった」と強調。そして検出時刻、潮の干満との関係などの分析、最後に風向・風速との関係の分析を示して「鳴音の検出時には、北東から東寄りの風が卓越して吹いていることがわかり、風による影響を受ける主なものとしてフロート等が考えられる」と締めくくっている。 「ジュゴンの姿が見つからない」ことを理由に、「検知された音声は、ジュゴンの鳴き声ではない可能性がある」という論理は飛躍しすぎではないかと筆者は考える。ジュゴンの鳴き声が見つかったのであれば、本来はあらゆる方法でジュゴン生息確認の努力をし、そして音声そのものの分析をするべきではないだろうか。
次のページ
音声データ公開を拒む沖縄防衛局
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right