「おとこを見せた」「おとこを上げた」……玉木雄一郎と彼を持ち上げる人々に見る時代錯誤のホモソ的価値観

玉木雄一郎氏

記者会見場から退出する国民民主党の玉木雄一郎代表 (時事通信社)

「時代遅れのおとこ」と、無理して一緒になる必要は、ひとつもない

「理念が合わない」  立憲民主と国民民主の合流新党に参加しないことを表明した玉木雄一郎氏は、不参加の理由をこう説明した。  そういう彼を、彼の支持者たちは熱心に応援している。いかにその政治家が愚劣なことをおこなおうとも、いかにその政治家の選択が地獄に至る道であろうとも、なにがあってもその政治家を応援し、称揚するのが支持者の務めだとするならば、玉木氏とその支持者の紐帯は、古来稀なほど、強固で美しい。  玉木氏が態度を頑なにし、合流新党に参加しない方向に進むにつれ、元来彼を支持してこなかった人々や、今後も彼を支持するつもりはないものの、今次の合流話では玉木氏に理があるという人々が、雨後の筍のように、玉木氏の周りに集まり出している。

玉木氏を持ち上げる人々の顔ぶれ

「国民民主党の玉木雄一郎代表、自身は新党の合流には加わらず、事実上の分党との一報。漢を見せたが、玉木代表と山尾議員の他に何名がついていけるか」  維新の音喜多駿議員は、こう、玉木氏が「おとこを見せた」ことを評価した。 「やばい玉木代表、漢すぎて泣きそう」  思わず目頭を熱くするのは、「世間から見ればやや右寄りの素浪人」を自称する宇佐美典也氏である。公職選挙法や政党助成法や政治資金規正法の規定を完全に無視しなければ実現できない「分党」なる路線をあえて進もうとする玉木氏の姿に「おとこすぎる」側面を感じたらしい。
次のページ
なるほど、たしかに……
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right