知らぬ間に私たちを縛る「呪いの言葉」。抗う術はオンラインでも身に付けられる

「呪いの言葉の解きかた」zoomワークショップの勧め

 私たちの思考を縛って身動きさせなくする「呪いの言葉」。そのような「呪いの言葉」に心理的に支配されずに済むには、どうすればよいだろうか。  それを実践的に考えるワークショップを、筆者はゲームクリエイターの飯田和敏(立命館大学映像学部教授)と共に8月8日(土)に「#呪いの言葉の解きかたゲーム」と題してzoomで実施し、YouTubeでライブ配信を行った。  これは、筆者が著書『呪いの言葉の解きかた』(晶文社、2019年)をもとに4回ほど対面グループワーク形式で実施してきたワークショップを、新たにzoomを使ってオンラインで実施してみたものだ。今回の企画は飯田和敏と筆者の共催で実施し、今後、飯田らはこれをゲーム化することを視野に入れている。  本記事ではゲーム化構想とは別に、今回の企画を視聴して興味を持たれた方々がみずから同様のワークショップを対面もしくはオンラインで、仲間同士で実施してみることができるように、その手順やポイントを整理しておきたい。
noroiwork1

(イラスト:納口龍司)

8月8日のイベント概要

 8月8日の「#呪いの言葉の解きかたゲーム」は、飯田と上西が企画し、下記の7名で実施した。 <企画・運営> 上西充子(コーディネーター担当):『呪いの言葉の解きかた』著者。国会パブリックビューイング代表。法政大学教授 飯田和敏(裏方担当):ゲーム作家。立命館大学教授。「京都で国会パブリックビューイング」メンバー <参加者>(五十音順) ●あかたちかこ:思春期アドバイザー ●太田和彦:総合地球環境学研究所研究員 ●坂上香:映画「プリズン・サークル」監督。『ライファーズ 罪に向きあう』著者 ●皿倉のぼる:放送作家。「京都で国会パブリックビューイング」メンバー ●武市香織:元大学非常勤講師。上代文学専攻。「国会パブリックビューイング」メンバー ●西口想:『なぜオフィスでラブなのか』著者。労働団体職員 ●納口龍司:イラストレーター ワークショップ参加者  参加者7名はジェンダー・バランスを考慮しつつ、飯田の知人から3名、上西の知人から3名、共通の知人から1名、という構成にした。事前に数名ずつの参加予定者と飯田・上西が3回にわけて打ち合わせを行い、当日は30分前にzoomに集合して顔合わせを経て2時間20分ほどのプログラムを実施した(アフター・トークを除く)。  内容と時間配分は、下記の通り(時間は、動画の時間帯を示している)。 ● オープニング(趣旨説明、自己紹介等) 8:20-18:54(約10分) ● 「呪いの言葉」解説 18:54-30:01(約11分) ● 4つの「呪いの言葉」(事前課題)に切り返してみる 28:18-51:42(約23分) ● 4つの「呪いの言葉」(即興課題)に切り返してみる 51:42-1:15:25(約24分) ● 「灯火の言葉」の解説と実践 1:15:25-1:35:45(約20分) ● 「湧き水の言葉」の解説 1:35:45-1:38:47(約3分) ● 「灯火の言葉」「湧き水の言葉」について意見交換 1:38:47-2:02:08(約23分) ● 振り返り・ゲーム化に向けて 2:02:08-2:25:25(約23分)  以下では上記の内容のうち、「呪いの言葉」の解説部分と、「呪いの言葉」への切り返し方を考える部分(映像では1:15:25まで)について、紹介していきたい。
次のページ
知らぬ間に私たちを縛る「呪いの言葉」
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right