300年もの領土問題を抱える「欧州最後の植民地」のジレンマ

ジブラルタル

Vlad Man via Pixabay

3世紀に渡り英西で係争関係にあるジブラルタルのジレンマ

 ヨーロッパに存在している唯一の植民地ジブラルタルは1713年より英国の占領下にあるが、スペインは今も自国の領土だとして領有権を主張している。  そんな複雑な帰属問題を抱えるジブラルタルだが、ちょっとした問題が浮上している。それは、英国は今年12月31日をもってEUから正式に離脱することになっているからだ。  しかし、人口僅か3万4000人のジブラルタルの経済はEUに大きく依存している。そのため、ここに来てジブラルタル政府は英国の姿勢に距離を置く方向を模索しているのである。つまり、ジブラルタルは英国の離脱後もEUの統一関税圏に留まりたいということである。なにしろ、ジブラルタルは年間で1000万人の観光客を受け入れている。その大半はEUからの訪問なのである。  更に、ジブラルタルの向かい側のスペインから1万4000人が毎日ジブラルタルに通勤しているという事情もある。英国に従ってジブラルタルもEUから完全離脱となると、観光客は減少し、スペインからの労働者の確保も問題になる可能性があるのだ。(参照:「El Pais」)  フランコ独裁政治の時の1969年から16年間ジブラルタルとの国境は封鎖されてジブラルタルは陸の孤島となってしまい経済は大きく後退した。その苦い経験をジブラルタルは繰りかえしたくないのである。Brexitについての住民投票でもジブラルタルでは96%の住民がEUに残留することを希望したというほどだ。

スペイン外相がジブラルタル首相と会談。猛批判される

 このような事態にあるジブラルタルに、スペインのアランチャ・ゴンサレス・ラヤ外相が同政府に接近。先月28日、ゴンサレス・ラヤ外相はジブラルタルのファビアン・ピカルド首相と会談をもった。  会談は僅か30分程度であったが、スペインの主要野党は一国の外相が自国の領土が占有されているその領地の代表と会談を持ったということを猛烈に批判した。それは占有されていることを認める行為に繋がることだというのが批判の主な理由だ。  ラホイ政権で外相を務めたガルシア・マルガーリョは「彼女の外交政治は散漫で、300年続いているわが国の位置づけを壊すものだ」と述べた。更に、同氏は「ピカルドというあたかも一地方の市長レベルの人物をスペインの外相と同等のレベルに格上げさせてしまった。それは我が国にとって恥ずべき行為だ」「サンチェス首相とラヤ外相はジブラルタルという植民地を認め、タックスヘイブンであることを受け入れたことになる」とも述べた。(参照:「La Razon」)
次のページ
イギリス側は「スペインからの帰国者への自主隔離」で報復⁉︎
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right