ダメ上司やパートナーに足りないもの。頼りにされる人に生まれ変わる、たった4つの質問

 頼りになると思われて、いつも人の輪の中心にいる人と、逆に頼りにならないと思われて、ポツンと立っていることが多い人がいる。知識も、スキルも、経験も、あまり違いがないにも関わらず、相談を持ちかけられる人と、そうでない人に二分される。

頼りにされるのは生まれつき?

助けを差し伸べるイメージ

photo via Pexels

 頼りにされるかされないかは、もって生まれた資質によるので、社会人になってから今更、資質を変えようと思っても変えることができないと諦めている人も少なくない。  しかし、もし今からでも、頼りにされる人になろうと思えば、なれるとすれば、なってみたいと思わないだろうか。それも、何も長く辛い訓練をしなければならないわけではない。4つの質問を繰り出すだけで、頼りにされる人になれるのだ。

悩みを聞き出す4つの質問

 4つの質問とは、「洗い上げ質問」「掘り下げ質問」「示唆質問」「まとめの質問」だ。例えば、同僚と世間話をしているとしよう。「最近、何か気になっていることある?」「顔色が優れないようだけど、もしかしたら困りごとがあるの?」というように、気になっていることを、2つでも、3つでも洗い上げる質問をする。  気になっていることがないならば、それでよい。もしあるならば、それを聞いて、次に掘り下げ質問を繰り出す。「3つのなかで、どれが一番心配ですか?」「どれから先に解決したい?」というように、一番深刻な問題を聞く。  一番深刻な問題がわかったら、その問題に対して、「仮に○○だったら、安心ですか」「もし、これができたら、解決しそう?」というように、ある前提をおいて、方向性を示唆する。  「それだったら解決するかもしれない」「試しにやってみても、いいかもしれない」という返答が返ってきたら、「では、それでやってみましょうか?」「その方向で取り組んでみるということでよい?」というようにまとめも質問で繰り出す方法だ。
次のページ
アドバイスよりも質問を繰り出す
1
2
ひとつの質問で合意形成できる! ビジネススキル急上昇 日めくりドリル

ひとつの質問で、合意形成できる! 1日1問で確実にデキるようになる! 年間100社・5000人、20年以上実践してきた能力開発プログラム

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right