感染拡大防止策なしに観光業の危機は終わらず。再び感染者増のスペイン・カタルーニャ、ホテル稼働率10%以下の現実

Wバルセロナ

バルセロナの五つ星ホテル、「Wバルセロナ」もどことなく寂しげ……
Whistofino via Pixabay

再び封鎖に踏み切ったカタルーニャ州政府

 6月21日にスペインは3か月間続いた封鎖を解除した。ところが、新規に感染が拡大している。全国で局地的にではあるが500か所以上で新規感染が顕著になっている。  その中でもカタルーニャでは7月17日だけで938人の感染が確認された。  先月の封鎖解除以後、感染に取り組む為の管理はスペイン政府保健省から各自治州に委ねられている。そこでカタルーニャ州政府は7つの自治体に封鎖の実施を発令した。これで2度目の封鎖だ。該当する自治体の多くの住民は憤りを感じているという。また、この影響で観光業者の間では今年の立ち直りは完全に道を断たれたと考えるようになっているという。

封鎖解除後も営業再開したホテルは1割しかなかった

 その中でもリェイダ県では人口14万人のリェイダ市を始め周辺の6つの自治体に対して封鎖が発令されている。リェイダ市の周辺にある小規模な自治体を含めたセグリアー地域ではパンデミックの最初の段階から3585人の感染が確認されていた。  同様に深刻なのはバルセロナ県のバルセロナ市に次ぐ2番目の人口26万人の都市オスピタル・デ・リョブレガッでも新規感染が拡大している。この都市もパンデミックの初期段階から3597人の感染が確認されていた。(参照:「OK DIARIO」)  このような事態からバルセロナでは封鎖が解除された6月以後も、およそ450軒ある同市内のホテルで営業を再開したのは僅かに10%で、しかもその客室稼働率も10%を超えることがないという。
次のページ
稼働率が20%まで戻れば御の字
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right