エミリオ・エステベス監督作『パブリック 図書館の奇跡』が、現実の私たちに訴えかけること

行き場のないホームレスたちが図書館を占拠

© EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

© EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 エミリオ・エステべス監督作品『パブリック 図書館の奇跡』が、7月17日からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他全国の劇場で公開されます。 <あらすじ>  米オハイオ州シンシナティの公共図書館で、実直な図書館員スチュアート(エミリオ・エステべス)が常連の利用者であるホームレスから思わぬことを告げられる。「今夜は帰らない。ここを占拠する」。大寒波の影響により路上で凍死者が続出しているのに、市の緊急シェルターが満杯で、行き場がないというのがその理由だった。  約70人のホームレスの苦境を察したスチュアートは、3階に立てこもった彼らと行動を共にし、出入り口を封鎖する。それは“代わりの避難場所”を求める平和的なデモだったが、政治的なイメージアップをもくろむ検察官の偏った主張やメディアのセンセーショナルな報道によって、スチュアートは心に問題を抱えた“アブない容疑者”に仕立てられてしまう。やがて警察の機動隊が出動し、追いつめられたスチュアートとホームレスたちが決断した驚愕の行動とは……。 ※以下、映画のネタバレになる内容も含みますのでご注意ください。

アメリカ社会の影を描く

 製作・脚本・監督・主演はエミリオ・エステベス。1962年、ニューヨークに生まれ、俳優のチャーリー・シーンを弟に持つエステべス監督は『アウトサイダー』(83)、『セント・エルモス・ファイアー』(85)、『ブレックファスト・クラブ』(85)といった80年代の青春映画に立て続けに出演、一世を風靡し、23歳の時『ウィズダム/夢のかけら』で監督デビュー。本作は監督7作品目となります。
© EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

© EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 俳優としても監督としても豊かなキャリアを積んだエステべス監督がこの映画の製作を思い立ったのは13年以上も前のこと。2007年4月1日に「ロサンゼルス・タイムス」に掲載されたソルトレークシティー公立図書館の元職員が書いたエッセイを読んだことがきっかけでした。そこから11年もの歳月を掛けて映画はようやく完成したのです。  エッセイには、シェルターと化した図書館に集まるホームレスの人々の多くは精神疾患を抱えていること、ホームレスであることは期間限定ではなく彼らの生き方になっていること、図書館はホテルのロビー、オフィスビルやショッピングモール等とは異なり、自由に出入りができ、追い出されることもないことが綴られています。世間は彼らを排除する一方、図書館は彼らを受け入れ、楽しませているとも。  そして、「アメリカは、超個人主義を誇り、発明家や起業家、先駆者や芸術家の偉業を褒めたたえる。しかし、一部の個人は繁栄する一方で、慢性的なホームレスの苦境が示すのは、我々のコミュニティーが分裂し、崩壊しているという事実だ」とアメリカ社会の影についても言及しています。
次のページ
本に救われたスチュアートの過去
1
2


『パブリック 図書館の奇跡』
7/17(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
© EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
配給:ロングライド

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right