半年で5000万円の利益を出した[金先物トレード術]とは? 東京商品取引所トレードバトル’19年覇者の主婦トレーダーが降臨

新規買いのチャンスがあるなら夏場

金先物トレード術

コロナショックを受けて一時的に金も売られたが、1か月ほどで急落前の水準を回復して、その後、史上最高値を更新し続けている。この急落局面でアリーシュ氏は2億円もの損失を出したという

 「’18年のトルコショックのときにはNY金市場で一時的に買い玉より売り玉が多くなり、その売り玉が踏み上げられる格好で、NY金が高騰しました。でも今の先物市場は買い玉が多く、踏み上げ相場の兆候はありません。新規買いのチャンスがあるとすれば閑散相場で円高にもなりやすい夏場。ただし、今年は11月に米大統領選が控えているため、それまでは底堅いでしょう。5500円を目安に押し目買いです。目標はNY金で1850ドル。そのとき為替が107円なら東京金は6365円です。でも私は円高予想。1850ドルに達しても為替が100円を割っていたら6000円にも行かないかもしれません」  むしろ短期で爆益を狙うなら売りに妙味があるかもしれない。 「米大統領選の前後で急騰したら一旦売り場になると予想しています。私は7000円程度までの上昇にも耐えられるようにして売るつもりです。月足チャートでは、ローソク足が移動平均線から大きく乖離していて、暴落リスクも見えてきていますから」
金先物トレード術

東京金の直近のポジション比率を見ると、大幅な買い越しの状態。この状況では大きく上昇する余地が乏しいため、押し目を待つのが賢明。11月の米大統領選前後で7000円に迫るようなら一時的な売り場に?

 ただし、売りはあくまで短期間の勝負に徹すること。世界的な金融緩和が続くなかでは、急落してもすぐに買いが入りやすいためだ。 「リーマンショック後の相場で学んだのが、金融緩和の影響です。実際に、首尾よく暴落して今年末に東京金が5000円台前半まで下がる局面があれば、今度は買い場に。そこで押し目をつけて、来年にかけてもう一段の上昇相場が訪れることでしょう」  アリーシュ氏の相場観を参考に、東京金にチャレンジしてみよう。 金先物トレード術【アリーシュ氏 先物トレーダー】 兼業トレーダー。リーマンショック後に投資を開始。株などを経て商品先物へ。昨年開催のリアルトレードコンテンストでは先物歴6年ながら半年間で4569万円を稼ぎ優勝を果たす 取材・文/高城 泰(ミドルマン) 図版/ミューズグラフィック
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right