アメリカの黒人ラッパーと日本人DJ&ビートメイカーがBlackLivesMatterを支援するチャリティシングルを出すに至ったワケ

まだ数百ドル規模の小さな動きだが……

 6/6に動画を公開してから数日、まだこの活動による寄付は数百ドル規模のそんなに大きくないものですが、海外の有名ゲームメディア”Kotaku”が6/10に「No More Heroes Composer Collaborates On Stellar Black Lives Matter Track」という記事を発信してくれるなど、海外を中心にこの活動の事が少しずつ広まってきてはいます。  プロジェクト自体もまだまだ継続中ですので、もしこの活動に興味をもっていただけましたら、彼らの声に耳を傾け、余裕があったらご支援いただけると幸いです。楽曲を購入していただくことも支援になりますし、直接金銭的支援でなくても、周りにこういう事があることを伝えたり、もしくは彼らの声に耳を傾けるだけでも支援になると思います。 そしてこんな中のリリースにはなってしまいましたが、僕がOkumura.やDevin、ShadowByrdといったアフリカンアメリカンにルーツを持つヒップホップアーティストたちと作った最新作 MEEBEE x Okumura.「Love Save The Day EP」は6月12日に各種配信サイトでリリース予定でしたが、配信トラブルで現在確認中です。正式にリリースしたら、もしよろしければチェックいただけると嬉しいです。 <文/アボカズヒロ>
青森県八戸市出身。1998年、14歳の頃にDJ/トラックメイカーとして活動を開始。東京藝術大学に於いて多様なアートに触れる学生時代を過ごし、様々な音楽に造詣が深くあらゆるジャンルの音楽を1晩のロングセットで物語るようにMIXする神出鬼没で流浪のパーティ野郎。 幼稚園からageHaまで、大箱/小箱関わらず、ジャンルやシーンの壁すらも包み込むような"無偏見"なプレイで全国津々浦々の老若男女を日々踊らせ続けている。ライフワークにしている子供に向けてのDJ活動は、TBSラジオ、朝日新聞など数多くのメディアで取り上げられ、大きな話題を呼んだ。Twitter IDは@abolabo
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right