外出自粛やリモートワークで尽きない悩み。意外なところにある解決のカギとは

 こんにちは。皆様はどうお過ごしでしょうか。新型コロナウイルスの感染拡大により、さまざまな活動が制限されるなか、ストレスや悩みを抱えている人も多いのではないかと思います。

悩み解決のステップとは

ロックダウンのイメージ画像

photo via Pexels

 そもそも人間は、仕事上のことから人間関係に関すること、自分の将来のことまで、実に色々な事柄に対して悩みを抱える動物です。本日は、過去のさまざまな文献を紐解きながら、「悩みを解決する方法」についてご紹介したいと思います。  1.「論理的解決法」    この分野のスペシャリストであるデール・カーネギーは名著、『道は開ける』のなかで、いくつかの悩み解決法を紹介しています。そのひとつが、「仕事の悩みを半減させる方法」です。  カーネギーによれば、悩みを抱えたなら、  ①「問題点は何か?」を明確化する  ②「問題の原因は何か?」を明確化する(そのために必要な情報を集める)  ③「何通りの解決策があってそれらはどんなものか?」を明確化する  ④「望ましい解決策はどれか?」を明確化する  というステップに沿って実行していけば、解決できると言います。本書のなかでも実際に、このステップを社内で制度化して会議の時間が従来の1/3に減った例や、これを実践することで悩みを解消して収入を2倍に増やした例などが紹介されています。

仕事の悩み解決法をプライベートにも応用

 同じようなフレームワークは、『ハーバード流交渉術:必ず「望む結果」を引き出せる!』(ロジャー・フィッシャーほか)でもとりあげられています。本書では、「さまざまな解決策を導き出す思考ステップ」として、  ①問題点を確認する  ・何が問題か?  ・現在の兆候は何か?  ・好ましい状況と比べ、何が不都合か?  ②その原因を分析する  ・問題の診断  ・兆候を分類する  ・原因を推測する  ・何が欠けているのか?  ・問題解決の障害は何か?  ③その解決方法を探す  ・可能な戦略・対策は何か?  ・理論的解決策は何か?  ・一般的な処置は何か?  ④実行可能な方策を考える  ・何をなしうるか?  ・問題を処理する具体的方策は何か?  というステップで検討していくことを推奨しています。  このように、論理的な思考法によって解決していく方法を、ここでは「論理的解決法」と呼称しましょう。  なお、カーネギーがわざわざ「仕事の悩みを半減させる方法」と述べているように、上記の方法は主に仕事面の悩みを解決する手法になりますが、それ以外の悩みにも応用可能です。  特に私の経験上、プライベートな悩みほど、「悩みを考えること自体を拒否している」とか、「そもそも問題点がはっきりしていない」、あるいは「解決方法はわかっているのに目を背けている」というケースが多く、上記のように細かいステップに分解して理性的に対処することで、驚くほど簡単に解決することも多いものです。
次のページ
直感に潜む悩み解決のカギ
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right