新型コロナ対策でもアナクロなジェンダー観を垂れ流す安倍政権閣僚に辟易<100日で崩壊する政権・13日目>

アナクロなおっさんジェンダー観しかない安倍政権閣僚

 毎日毎日悪い意味で驚かせてくれる安倍政権。新型コロナウイルス対策で明らかになったのは、感染症の怖さだけでなく、安倍政権が一貫して持っていた「国民に対して彼らが持っている考え方」ではないでしょうか?  西村康稔経済再生担当相が仰天発言をしたことが報じられたのは4月8日のこと。彼が出演したテレビ番組で専門的な工程が必要な防護服を確保するために、休業中の航空会社の客室乗務員(CA)らに縫製を支援してもらう方向で調整していると発言したのです。  もちろんCAには男性もいますが、彼らの発想は女性が多いCA=裁縫という安直極まる発想なのは自明。当然ネットも激怒の声が巻き起こり、「#縫製職なめんな」というハッシュタグまでできたのです。  

防護服って専門的な技術が必要なのに……

houkai13-1 houkai13-2
次のページ
女性も裁縫も防護服も舐めている!
1
2
100日で崩壊する政権

漫画だと笑えるけど、これ、ほぼ「現実」です

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right