声を上げることで不公正は変えられる。主権者の主張を無効化するトーンポリシングに耳を貸す必要なし<100日で崩壊する政権・10日目>

政権擁護が厳しいと代わりに増えるトーンポリシング

「みんな大変な時期に文句を言うな」「不平不満ばかり口にするのはよくない」「誰かを責め立てているのを感じるのがつらい」……。  ここ最近、SNSでそんな言葉が見受けられるようになってきました。  果たしてそうでしょうか? ローザ・パークスが「白人に席を譲れ」と言ってきたバス運転手に従っていたら、世界はどうなっていたでしょうか? 彼女が従わず声を上げたことは無意味な「不平不満」だったのでしょうか? 誰かを責め立てていたのでしょうか?  違います。なすべきことがなされていない、あきらかに不公正なことがまかり通っている。そんなときに「おかしい」と声を上げるのは主権者として当然のことです。  主権者として当然の主張をする声を封じ込めようとする連中の言葉に耳をかす必要はありません。

最初は「補償ゼロ」だったのを変えたのは国民の声

houkai10−1 houkai10−2
次のページ
「声を上げること」こそが権力による不公正に立ち向かう武器
1
2
100日で崩壊する政権

漫画だと笑えるけど、これ、ほぼ「現実」です

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right