新型コロナで中止になった「MWC」。バルセロナのホテルはキャンセルを埋めるため8割近くの値引きを断行

バルセロナ

Leonhard Niederwimmer via Pixabay

5億ユーロの経済効果がオジャンになったMWC中止

 新型コロナウイルスの感染を懸念して開催を中止した「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」は2月24日から27日までバルセロナで開催の予定であった。予定していた訪問客は11万人。バルセロナ市内にあるホテルの4万室の大半が埋まってしまう予定であった。MWCの開催前までに予約は7割近くを達成していた。ホテルによっては開催前までに予約で満室になっていたホテルもあった。  しかも、この開催でバルセロナには5億ユーロ(590億円)分の経済的潤いをもたらす見込みであった。それが中止となって、バルセロナの州と市の政府やホテル連盟などはこの空白となった期間を埋めるべく必死のプロモーション活動を行っている。バルセロナへの訪問客を出来るだけ多く誘うためである。

8割値引きも。ブッキング・ドットコムは「掘り出し物」として紹介

 ホテル連盟のジョルディ・メストゥレ会長によると、前述した5億ユーロのほぼ20%がホテルの売上になる予定であったと指摘している。  期待していた売上の一部でも回復させる為に現在ホテルは値引きを実施して客引きに努めている。その一部を以下に列記して行くと、「Eurostars Grand Marina」は開催4日間で2891ユーロ(34万1000円)だったのが、594ユーロ(7万円)に値下げしている。ほぼ80%の割引となっている。同様に、「Claris Hotel & Spa GL」は4日間でツイン部屋3177ユーロ(37万5000円)だったのが、680ユーロ(8万円)に値下げした。「Miramar Barcelona」だとデラックス部屋が4日間で2900ユーロ(34万2000円)だったのが758ユーロ(8万9000円)と値下げ。「Hotel Palace」で3人部屋のスイートが平均して2904ユーロ(34万3000円)だったのが現在559-1221ユーロ(6万6000円―14万4000円)となっている。 「Majestíc」、「W」、「Barcelona Edition」はすべて満室となっていたが、現在ブッキングドットコムは「掘り出し物」と題してそれぞれ異なった部屋を提供している。展示会場に面した「Fira Congress」だと460ユーロ(5万4000円)していた部屋が現在132ユーロ(1万5500円)となっている。その近くの「Travelodge Barcelona Fira」は689ユーロ(8万1000円)だったのが268ユーロ(3万1600円)に値下げしている。(参照:「El Pais」、「El Pais」)  一般大衆向けの3スターのホテルも、開催期間中は400-500ユーロ(4万7000円―5万9000円)していたのが現在100ユーロ(1万2000円)となって、これが本来の正常の価格だということだ。  バルセロナはスペインで物価が一番高い都市だ。兎に角、このような世界的に重要なイベントの場合はホテル業界は値上率を非常に高くするというのも異常ではある。  ただ。ホテルの場合は、今回のような事態で展示会が中止となっても予約の50%は保険で補填できるというメリットがある。勿論、保険に加入していた場合に限られる。残りの50%は回収できない。しかし、平常時の宿泊代金を考慮すれば、50%でも回収ができることに満足すべきであろう。
次のページ
悲惨なのは飲食店や納品業者
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right