デマだらけの新型コロナウイルス情報。なぜ人はデマに踊らされてしまうのか?

有名人の盲信は危険

インフルエンサーの影響力  フォロワー数が多い人や著名人は多くの人々から信頼されている人……という先入観から、彼らが言っている情報も正しいように思ってしまうというハロー効果がある。ただ、心理学に関する著名人の発言も間違ったものが多かったり、読んだ人が間違った解釈をしてしまいそうな投稿を多く見かける。  著名人であろうとも一人の人間である。だから正しい情報を発信しているわけではなく、著名人だから発言に普通の人よりも責任を持っているわけではない。あくまで情報を選択した自分に責任があることを忘れてはいけない。    人間が持つバイアスは、ここに列挙した代表的なもの以外にも数多くある。それらを全て列挙すると、逆に全てを意識できなくなる。  まずは、上記4つを意識して、自分が認知した情報が「信じたい情報」なのか、「信じるべき情報」なのか判断してほしい。個人的には、新型コロナウイルスの予防策として、なんだかんだ、手洗い・うがいという基本的なことが最も効果があるのではないかと思う。それは、最も基本的なことで、もっとも効果的なことだからなのではないだろうか。 【参考文献】 『紅茶エキスによるインフルエンザウイルス感染性の阻止』国立予防衛生研究所ウィルス部ほか 『MBA 心理戦術101 なぜ「できる人」の言うことを聞いてしまうのか』グロービス
心理戦略コンサルタント。著書に『トップ2%の天才が使っている「人を操る」最強の心理術』がある。MENSA会員。心理学を使って「人・企業の可能性を広げる」ためのコンサルティングやセミナーを各所で開催中。
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right