自動配布延期になったMicrosoftの新「エッジ」、手動DLでインストールしてみた

新しいMicrosoft Edge

延期になった新Microsoft Edge安定版リリース

 当初の予定とは違う事態になってしまった。この記事を企画したとき、Windows 10 に自動更新で提供される新Microsoft Edge について書こうと考えていた。  去年の時点で、2020年1月15日に新Microsoft Edge の安定版がリリースされると案内されていた。そして、Windows 10 の自動更新で提供される予定だと発表されていた。しかし、日本での自動配布は延期されてしまった。確定申告の時期にあたるため、4月1日以降順次開始されるそうだ(参照:窓の杜)。  大いなる肩透かしである。どうしたものかと考えた末、Microsoft のサイトに行って、直接落としてインストールした。実は、けっこう楽しみにしていたのである。
Microsoft新Edgeのダウンロードサイト

自動配布は延期されたが手動ダウンロードは可能

 というわけで、実際に新Microsoft Edge をダウンロードして、インストールしてみた感想や手触りについて書こうと思う。

新Microsoft Edgeをインストール

 サイトにアクセスして「DOWNLOAD for Windows 10」ボタンを押すと、「MicrosoftEdgeSetup.exe」という 1.75 MB の実行ファイルがダウンロードされる。このファイルを実行すると、ネットからデータを取得してインストールが始まる。 新Edgeダウンロード  元々の Edge と新しい Edge はインストール先が違う。古い方は「C:\Windows\SystemApps\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe\MicrosoftEdge.exe」という、システムアプリケーションのフォルダに入っている。新しい方は、「C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe」という、プログラムをインストールするフォルダに保存される。  旧版では、コマンドプロンプトで「start shell:AppsFolder\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe!MicrosoftEdge」や「start microsoft-edge:」を実行すれば「MicrosoftEdge.exe」が起動していた。新版を入れた場合は、同じコマンドを打つと「msedge.exe」の方が起動する。レジストリを確認してみたが、「msedge.exe」のパスがいくつも登録されていたので、こちらを起動するように書き換わっているのだろう。  新Microsoft Edge の動作は軽快だ。旧版は、私の環境では、どこかもっさりしていたが、新版はそうしたところがない。Google Chrome の挙動と変わらない。  「Ctrl + Shift + I」で開発者ツールを表示してみたが、Google Chrome と同じ画面が出てきた。実は、この部分がどうなるのか気になっていた。この部分は、旧版に似せて来るかもしれないと思っていたが、Chromium のものをそのまま利用しているようだ。ここを頑張っていじる労力は無駄なので、当然と言えるだろう。
開発者ツール

開発者ツール

 特徴的な部分は、Webページの描画部分ではなく、その周辺にある。いくつかの設定や機能を見ていくことにしよう。
次のページ 
意外なところで顕著なGoogleとMS、企業姿勢の差
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right