原因不明の難病「ベーチェット病」を抱え、シンガーソングライターを目指す女子高生

病気と戦いながら生きてきた半生を歌詞に

自宅で作曲をする倉橋さん

自宅で作曲をする倉橋さん

 街中が竹灯籠に柔らかく照らされる大分県竹田市の祭り「竹楽」で11月、シンガーソングライターを目指す地元高校3年生の倉橋華那さん(18歳)がステージに上がった。小4の時に全身に潰瘍が繰り返しできる国指定の難病「ベーチェット病」になり、病気と戦いながら生きてきた自分の半生を歌詞に込めた。曲名は「Don’t stop living」。 <湿布ばかりの女子力のない足を必死に隠しました。痛くても普通に見られるように歯くいしばって歩きました。どうしても食べたかった給食も全部口が拒んだ。なりたくてなった訳じゃない。苦しい鮮やかな現実(中略)大きな愚痴を吐くよりも心で分かり合いたい>  力強い歌声で歌いきった。約40人の観衆から拍手が送られ、その中には「感動した」と涙を流す友人もいた。  倉橋さんが発病したのは小4の時。 「口内炎が収まらなくなり、食事がまともに取れなくなりました。でも原因は分からず、医者に言われたのは『口の中を清潔にしなさい』。その時は本当にガリガリでした。栄養失調で、病院で点滴を受けることもあるくらいでした。  給食のご飯が口内炎で食べられないので、おかゆを持参していました。同級生には病気のことを明かしていなかったので、変な目で見られることもありました」(倉橋さん)

原因不明、治療法も確立していない難病だと判明

竹楽のステージで熱唱する倉橋さん

竹楽のステージで熱唱する倉橋さん

 中1の時には腸に潰瘍ができ、1か月家で寝込むこともあったという。また、小6の時に両親が離婚。母親と妹が家を離れた。「病気のつらさと、不安で押しつぶされそうだった」と倉橋さんは当時を振り返る。 「そんな時、ベッドで聞いていたサカナクションの曲が私の支えになってくれました。『夜の踊り子』は何百回も聞きました。つらくて、くやしくて、情けなかったけど、きっと乗り越えられると考えるきっかけになりました」  中2の時にやっと病気の正体が、全国で約1万8000人しか患者のいない難病「ベーチェット病」だと判明する。全身の臓器に炎症性の発作を繰り返す慢性疾患で原因は不明。治療法も確立されていない。国内の患者数は約2万人で、「シルクロード病」とも呼ばれる。完治はしないが、投薬で症状は改善してきた。  高1の時、父親が大学生の頃に使っていたギターを押し入れで見つける。大分市内の音楽教室に通い、高3からは自作の曲を動画投稿サイトに投稿するようになった。  倉橋さんは来年、都内の音楽専門学校に進学して、プロを目指すという。 「病気になったことを悔やんではいません。つらい思いをしたからこそ、他人の痛みも理解できるようになったと思います。自分のしたいことができることを伝えるシンガーソングライターになります」(同) <文・写真/豊後泉>
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right