現在メキシコで最凶となっているカルテルCJNGに対抗すべく、他のカルテルが団結して200人の殺し屋を送り込む

最凶カルテルに対抗して他のカルテルが共闘

 そこで地元カルテルのサンタ・ロサ・デ・リマシナロアなどに救援を望むようになっていた。  実は、これに対してシナロアは当初消極的であった。CJNGがシナロアを脅かすことがなかったからだ。シナロアではそのリーダーのエル・メンチョもいずれ逮捕されると見ていた。ところが、CJNGは逆に積極的にしかも大胆に投資などをしていたことからシナロアと縄張りがかち合う市場が生まれるようになってきた。(参照:「Sin Embargo」)  そこでシナロアは遂に腰を上げたのである。シナロア、ロス・セタス、デ・ゴルフォカルテル・デ・グアダラハラの設立者カロ・キンテロらが団結しておよそ200人の武装した殺し屋を、CJNGがコントロールしているビリャグラン市に集結させたビデオがネットに載った。(参照:「Vanguardia」)  TwitterやYou Tubeでもまだ拡散している。  シナロアはエル・チャポが米国の刑務所に収監されてから、組織の動きが停滞するのではないかと見られていた。ところが、息子の一人オビディオ・グスマンが先月国家警備隊に逮捕されたが、シナロアの猛攻な反撃を受けて釈放せねばならなくなったという事件があってからシナロアは現在も健在だという証拠を見せつけたのであった。  これからメキシコはCJNGの勢力を挫くべくシナロアをリーダーとして他のカルテルと一緒になっての攻防が激しく展開しそうだ。 <文/白石和幸>  
しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right