「桜を見る会」問題が示す、自民党の本質。そして、有権者に突きつけられる選択肢

桜を見る会

2019年の桜を見る会。安倍昭恵夫人の姿も。EPA=時事

安倍首相主催の「桜を見る会」は利益供与

 11月8日の参議院予算委員会における田村智子議員(日本共産党)の質疑によって、安倍首相を始めとする自由民主党議員の後援者が首相主催の「桜を見る会」に多数、招待されていることが明らかになりました。田村議員と安倍首相のやり取りについては、犬飼淳さんによるハーバービジネスオンラインの記事によって詳しく解説されています。 【参考記事】⇒「桜を見る会」問題。共産党・田村智子議員の問いに安倍総理はどう応じたのか? 信号無視話法分析してみた  この問題については、大きく二つの論点があります。 ①桜を見る会に自民党議員の後援者が招待されていることの是非 ②桜を見る会を税金で開催することの是非  これらは、似ているようでまったく異なる論点です。それぞれについて、解説しましょう。  前者、桜を見る会に自民党議員の後援者が招待されている論点は、税金の私物化です。「自民党が議員の地盤培養活動に税金を使っているのではないか」と言い換えられます。地盤培養活動とは、後援会の会員を増やし、結束を強めるための活動を指します。かつて、小渕優子議員が支持者を観劇ツアーに招待していました。参加者が実費を負担すれば、サークルでの旅行と同じく、合法です。他方、議員が経費の一部もしくは全部を負担すれば、小渕議員の例のように違法です。  桜を見る会の問題は、税金の開催と招待制という2つの条件によって、特定の人々への利益供与となっていることです。税金で開催されていても、参加者限定でなければ、問題はありません。例えば、国会見学は税金で実施されていますが、誰でも参加できるため、実費負担になっていれば、議員の後援会活動に組み込んでも問題ありません。同様に、招待制であっても、税金で開催されていなければ、問題はありません。例えば、議員のパーティは招待制ですが、参加者の実費で開催されているため、後援会活動に組み込んでも合法です。条件が揃っているから問題なのです。  そして、利益供与の対象に自民党議員の選挙区民が含まれていることは、公職選挙法違反の疑いが濃厚です。公職選挙法第199条の5第2項は、次のように規定しています。 ”何人も、後援団体の総会その他の集会又は後援団体が行なう見学、旅行その他の行事において、第四項各号の区分による当該選挙ごとに一定期間、当該選挙区内にある者に対し、饗応接待をし、又は金銭若しくは記念品その他の物品を供与してはならない。”  このとおり、安倍首相をはじめとする自民党議員の行為は「饗応接待」に当たる可能性が高いのです。例え、往復交通費が実費であっても、桜を見る会が税金で開催され、招待制であることから、その費用を分担しているわけではありません。そこで飲食を提供されなかったとしても、特別な機会で「接待」されたことは疑いのない事実です。

支持者への利益誘導は自民党の本質

 この問題に関連し、自民党の二階俊博幹事長は「選挙区に配慮して当然」と発言しました。11月12日付の共同通信は、二階幹事長が「議員が選挙区の皆さんに配慮するのは当然だ」と語ったと報じています。  二階幹事長の発言は、安倍首相をはじめとする自民党議員の本音を代弁したと考えられます。二階幹事長からすれば「自民党が与党を担うことは、税金の私物化を有権者から許可されたのと同じ。嫌なら、安倍政権と自民党を支持しなきゃいい。ずっと自民党に与党を任せて、有権者もメディアも知っているくせに、何を今さら驚いているのだ」という気持ちなのでしょう。  自民党は、多種多様な利益団体の集合体という性格を有しています。利益団体には、日本経済団体連合会という財界から、建設業協会や日本医師会などの業界団体、神道政治連盟や崇教真光などの宗教団体、日本遺族会や行政書士政治連盟などの専門団体、そして各地の自治会・町内会に至るまで、大小様々に含まれます。それらが、ガッチリ支持から、何となく支持まで集まり、自民党を形成しています。  各利益団体の部分最適の追求を保障するのが、自民党政権のもっとも重要な役割です。よって、政権を失って野党に転じると、それができなくなり、急速に遠心力が働いてしまいます。  多様な各団体のハブを担っているのが、各議員の個人後援会です。経団連や宗教団体のように、中央組織がしっかりしている団体ばかりではありません。むしろ、多くは分権的な団体です。それを地域単位で束ね、国会議員や地方議員に伝達する役割が個人後援会にあります。その機能と引き換えに、議員は票や資金を得ています。  個人後援会で重視されるのは、利益共同体としての家族的な人間関係の形成です。議員を含めた「なあなあ」のなれ合い関係とも言えます。それは、後援会員からすれば、議員を動かすという非公式な手段によって、本来得られる以上の利益を行政から得ることを可能にします。議員からすれば、後援会員の離反を防ぐことを意味します。  家族的な人間関係を形成するに当たり、もっとも多用されるのが「旅行」です。同じ時間、空間、経験を共有し、一緒に食事し、写真を撮れば、人間関係が強まるからです。とりわけ、後援会員だからこそ経験できる「特別な旅行」であれば、より強まります。  多くの政治家、多くの政党が、このようにして地盤を培養してきましたが、それを精度の高いシステムとして完成させたのが、70年代から80年代にかけての自民党です。70年代に入り、経済成長という普遍的な果実を提供しにくくなり、自民党は各団体に補助金などの利益を提供することで、組織の強化を図るようになりました。やがて、族議員と団体陳情を核とする、集票システムに至りました。  つまり、自民党とは、税金を支持団体に分配する役割をずっと担ってきたのです。二階幹事長は、そのシステムを牛耳っていた自民党派閥(竹下派)の出身者として、桜を見る会への後援会員の招待について、当たり前だと考えたのでしょう。
次のページ 
有権者に突きつけられる3つの選択肢
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right