ブリティッシュエアウェイズとイベリア航空のIAGがスペインのエア・ヨーロッパを買収した背景

エア・ヨーロッパの飛行機

Sarah Lötscher via Pixabay

スペインのエア・ヨーロッパ、IAGによって買収

 2011年に経営統合したブリティッシュ・エアウェイズとイベリア航空のインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は今月4日、スペインのエア・ヨーロッパを買収することを発表した。買収金額は10億ユーロ(1180億円)。この経営統合は2020年半ばに予定されているが、その前に欧州委員会の競争法に照らして競争総局の調査をパスしなければならない。  この買収によってIAGが狙っているのは、ラテンアメリカ市場の強化とアドルフォ・スアレス・マドリード・バラハス空港をハブ空港としてさらに発展させることである。  現在、ヨーロッパの航空業界には4つの大きなグループが存在している。「ルフトハンザ」、「ライアンエアー」、「IAG」、「エールフランス・KLM」である。この4つのグループの昨年度のヨーロッパにおける乗客利用者数はリストアップした順に記載すると、1億4200万人、1億3900万人、1億1300万人、1億100万人となっている。それにエア・ヨーロッパの1200万人がIAGのそれに加算されると1億2500万人となる。(参照:「El Mundo」)

裸一貫でエア・ヨーロッパを成長させた男

 エア・ヨーロッパはこれまでスペイン国内とラテンアメリカ市場においてイベリア航空のライバルとして存在して来た。エア・ヨーロッパは、英国の旅行業者ILGが英国からスペインへの観光者が増えているのを見込んで英国とスペイン間をチャーター便として飛ばしていた。しかし、この事業は成長せず、ILGも1991年に倒産。そこでエア・ヨーロッパを安値で買収したのがスペインの実業家フアン・ホセ・イダルゴ(78)であった。  イダルゴはサラマンカ県出身で、19歳で仕事を探しにスイスに移住。彼が働いていた会社などが労働者をチャーターしたバスで移動させているのを観たイダルゴは、それを彼の仕事にしてスペインからスイスに出稼ぎに行く人たちを彼の車に乗せて目的地まで連れて行くことを始めたのである。それで稼いだ資金をもってスペインに戻り、小規模なバス会社を設立。その後、観光事業に目をつけて1971年、30歳の時に「アルコン・ビアヘ」という社名の旅行代理店を設立した。スペインが観光の国として成長して行く波に乗って彼の事業も成功を収めて行った。そして、1991年にアルコン・ビアヘで稼いだ資金でもってエア・ヨーロッパを買収したのである。  エア・ヨーロッパのライバルはイベリア航空。それまでライバルを持つことなく成長していたイベリア航空に1990年代後半から突如エア・ヨーロッパがライバルとして登場したのであった。1994年からマドリードとバルセロナを結ぶドル箱ラインも両社が激しく競争するようになった。さらに、エア・ヨーロッパはロンドンとニューヨークにも飛ぶようになり、当時1週間に750便を飛ばすまでに成長。その後、エア・ヨーロッパはラテンアメリカとの航路を築いて行くのであった。(参照:「El Independiente」)  その成果があって、今年5月からエア・ヨーロッパはブラジル国内の航路も築くことができるようになったのである。ラテンアメリカで最大の市場をエア・ヨーロッパは手中に収めたことになる。  しかし、そのように成長していたエア・ヨーロッパはなぜIAG傘下に入ることになったのか?
次のページ 
2代目ボンクラ社長が売却を決定
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right