学ぶ機会の格差を容認する萩生田文科相の、大臣としての「身の丈」

不公平な入試改革を「身の丈に合わせて」と擁護した萩生田文科相

 萩生田光一文部科学相は10月24日、BS番組において、キャスターに、英語の民間試験導入は不公平を産むのではないのかと問われ、「身の丈に合わせて」受験してほしいと発言しました。  例によって「切り取り」というお決まりの擁護論が出ましたが、切り取りでもなんでもありません。「貧乏人の分際で何度も受けるとか言わずに貧乏人のレベルでやれ」と切り捨てた発言以外のなにものでもありません。  当然、非難轟々。結果、発言を撤回するに至りましたが、30日の国会では発言は撤回しても大学入試改革について考えを改めるつもりはないというかのような答弁に終始していました。  今回は改めてその発言の愚かさを知ってもらいたいと漫画にしました。

「身の丈」発言の内容

20191030萩生田身の丈1
次のページ 
都市か地方か、裕福か貧しいかで学ぶ機会に格差が生じる!
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right