アイスランドが10年連続で男女格差「世界最小」の理由

10年連続、ジェンダーギャップ指数ランキング1位の国

ブリュンヒルドゥル・ヘイダル・オグ・オゥマルスドッティルさん

ブリュンヒルドゥル・ヘイダル・オグ・オゥマルスドッティルさん

 世界経済フォーラムのジェンダーギャップ指数ランキングをご存知だろうか。経済、教育、健康、政治の4つの分野のデータから作成されるこの指数は、各国における男女格差を測る指標として、注目されている。このジェンダーギャップ指数ランキングにおいて、10年連続で1位を誇っているのが、アイスランドだ。日本は、149カ国中110位(2018年)という低位で推移している。  10月14日から16日にかけて、朝日新聞社主催「朝日地球会議2019」が開催された。「ひらかれた社会へ 多様性がはぐくむ持続可能な未来」をテーマに掲げ、3日間で多くのプログラム・講演が実施された中、16日にはアイスランド女性権利協会事務局長であるブリュンヒルドゥル・ヘイダル・オグ・オゥマルスドッティルさんが登壇。  アイスランドのジェンダー格差是正の歴史について講演するとともに、「ジェンダー格差『世界最小』のアイスランドに学ぶ」と題し、朝日新聞社会部記者の三島あずささんと対談を行った。ジェンダー格差が著しい日本が、アイスランドから学ぶべきこととは。

格差が縮小するきっかけになったストライキとリーマンショック

 アイスランドは、はじめからジェンダー格差が小さい国であったわけではない。19世紀後半から20世紀中盤にかけては、女性の選挙権や、議員として国政へ参加する権利獲得に向けて緩やかに歩みを進める段階であったという。  アイスランドにおけるジェンダー格差を縮めた大きな転換点は、2つあったという。一つは、1975年の、女性によるストライキである。アイスランドの成人女性の90%が参加したというこのストライキでは、女性が男性との同一賃金を求めて、家事労働や職場の一切から離れた。混乱する家庭や職場において、社会における女性の存在感を示したという。その5年後には、女性初の大統領を選出することとなる。  2つ目として挙げられたのは、2008年のリーマンショックを発端とする金融危機だった。通貨が暴落し財政が破綻する中、アイスランドの女性たちは声をあげたという。「銀行のトップにも、規制当局のトップにも、女性がいなかった。有権者は、新しいものを求めていた」とブリュンヒルドゥルさんは話す。  有権者の既存の価値観が大きく揺さぶられることとなった金融危機の後、2009年には初めて女性首相が誕生することとなった。ちなみに、首相となったヨハナ・シグルザルドッティルさんは同性愛者であり、LGBTQとして世界初の首相でもあった。
次のページ 
ジェンダー平等は「男性にとってもメリット」
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right