アドビ、ベネズエラの全アカウントを無効に。そこから考えるクラウド時代のリスク

「ロックイン」問題

 ある企業や環境に依存すると、自分の意思とは無関係に、ある日使用できなくなる可能性がある。こうした問題は、アドビのような独占企業のソフトを使うときだけではない。もう少し小さな問題は、いたるところで起きている。  あるサービスや商品を使っている際、他のものに変えるのには時間や手間が掛かる。導入が面倒だったり、使い方を覚えたり、仕事のやり方を変えたりする必要も生じる。ソフトウェアなら、他社との連携のために手間が掛かったり、使える人を雇ったり、育てたりするコストがかかったりもする。そうしたスイッチングコストがあるために、切り替えが困難になる状態をロックインと呼ぶ。(参照:IT用語辞典 e-Words)。  こうしたロックインは、ソフトウェアを開発する際にも、頭の痛い問題だ。サーバーやクラウドサービスなどを利用して開発している際、ロックイン状態になっていると、値上げされても、そのままお金を払わないといけない。また、サービスが改悪されても、気軽に出て行けなくなってしまう。  可能ならば特定の環境に依存しないように開発したい。しかしサービスを提供する側は、強く依存して欲しい。そうした駆け引きが、サービス提供側と利用者側でおこなわれることになる。  こうした依存への脱却を考えるのは、ソフトウェアの開発現場だけではない。一時期、自治体で、脱 Office が流行ったことがある。マイクロソフトの Office を使うのではなく、OpenOffice.org や Libre Office を使うといったことがおこなわれた。また、過激なところでは、Windows ではなく、Linux を使うことが議論されたりもした。  しかし、市場が独占状態になった環境では、こうした依存からの脱却は難しい。標準的な方法以外を利用すると、面倒事を多く抱えてしまうことになる。  私も、プログラムを書いていて、似たようなライブラリが複数ある場合、世の中で多く利用されているものを選ぶ。なぜならば、その方が、使い方などの文書や、トラブルが起きた際の解決方法が、多く共有されているからだ。市場を支配していないソフトウェアやサービスを使うということは、そうした面倒事を、全て自分で調べて解決しないといけないことを意味している。  メジャーなソフトウェアを使うのは、仕事を効率的におこなうのには望ましい。しかし、一極集中すると有事の際に問題になる。みんなが1つのソフトばかりを使うと、代替ソフトがない状態が容易に発生するからだ。そして、クラウドサービスの場合は、ある瞬間に、即使えなくなるリスクを抱え込むことになる。  ソフトウェアやサービスが、ますますクラウド化する今、何らかの逃げ道を用意しておく必要性を、ベネズエラのニュースを見て強く感じた。 <文/柳井政和>
やない まさかず。クロノス・クラウン合同会社の代表社員。ゲームやアプリの開発、プログラミング系技術書や記事、マンガの執筆をおこなう。2001年オンラインソフト大賞に入賞した『めもりーくりーなー』は、累計500万ダウンロード以上。2016年、第23回松本清張賞応募作『バックドア』が最終候補となり、改題した『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』にて文藝春秋から小説家デビュー。近著は新潮社『レトロゲームファクトリー』。2019年12月に Nintendo Switch で、個人で開発した『Little Bit War(リトルビットウォー)』を出した。
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right