「脳に障害を持つ娘が心配」。日本に庇護を求めてやってきたクルド人の苦悩

なぜ日本は、庇護を求める外国人を受け入れないのか

妻の携帯の中

妻の携帯電話の中には、いつもメメットさんの写真が入っている

 メメットさんの家族を支援している「クルドを知る会」代表の松沢秀延さんに話を聞いた。 「メメットさんの解放のために署名を集め、申し入れのたびに提出しています。申し入れももう3回やりました。1日も早く仮放免をもらって、家族が元通りになってほしい。父親が戻らなければ、娘さんの病状は悪くなる一方で、お母さんも疲弊しています。家族の分断は悪循環です。署名にどれだけの意味があるかはわかりません。でも、やらないよりはやったほうがよっぽどいいと思って、集めています。メメットさんが解放されるまで続けていこうと思います」  担当弁護士の大橋毅弁護士はこう語る。 「以前は難民申請が却下されても、半年の特定活動ビザを取り上げられてしまうことは、ほとんどありませんでした。2015年9月に、法務省の(入国管理局長名で出された仮放免者の監視強化の運用に関する)通達が各地方局に出て以降、半年のビザすらも取り消されていく人が増えていきました」  メメットさんは難民として、日本に庇護を求めてきただけだった。10年ビザがあり、ただひたすら真面目に家族とともに生きてきた。それなのに今さら、法務省の都合で取り消すというのは、あまりにも人道に欠けたやり方ではないだろうか。  彼らの人生をあまりにも軽んじていないだろうか。これで難民条約を結んだ先進国だと、堂々と言えるのだろうか。この国の闇に底はない。 <文/織田朝日>
おだあさひ●Twitter ID:@freeasahi。外国人支援団体「編む夢企画」主宰。『となりの難民――日本が認めない99%の人たちのSOS』(旬報社)を11月1日に上梓
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right