資産2億の「令和の民泊女王」がシャネルの鞄を選ぶ理由とは?

合理的だが泥臭い経験も

「最初の頃は夜中から朝まで街を歩いて物件を探しました。共用部が散らかっていたり、英語の注意書きを掲示するマンションをメモするんです」  こうしたマンションは、「居住者に外国人が多い、外国人に寛容である可能性が高い」という仮説だ。物件をリスト化したら、法務局で謄本をあげオーナー宅へ直談判に行く。 「あえてジャージを着て、髪はボサボサな感じにして、自分の夢を熱く語るようにしていましたね(笑)」  現在は民泊物件のM&Aを手がけるなど民泊事業を幅広く展開。「世の中に民泊の凄さを魅せていきたい」と話す。彼女の野望は尽きない。 ― 勝ち組投資家の[カバンの中身]を拝見! ―
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right