消費税増税目前で注目される「個人売買」アプリ。今更聞けない使い方も紹介

フリマアプリイメージ

Yasu / PIXTA(ピクスタ

消費税増税直前。駆け込みセールも

 まだまだ先と思っていた、消費税増税。  しかし、もはや目前。2019年10月1日から消費税が8%から10%になってしまいます。 消費税が上がることに伴い、実店舗・ネットショップでは増税前のキャンペーンを打ち出してきます。更にこれから多くなってくると思います。   テレビ・雑誌などでも増税前にお得に買う為に、日用品は慌てず買わなくても良い、電化製品など高価な商品は購入した方が良いとか、買った方が良い物・買わなくて良い商品の特集も増税前に多くなってくると思います。 調べる事、興味を持つ事で、有効なキャンペーンを見つけて、実際お得に買える商品など出てくるでしょう。  しかし、そんな中、増税後にも消費税を気にせず買い物ができるとして今後ますます注目されそうなショッピングの手段があります。  それは、「フリマアプリ」です。

個人間の売買なら消費税はかからない

 消費税がかからない方法。それは、フリマアプリ、すなわちメルカリやヤフオク!(ヤフオクの場合ストアオークションは消費税がかかります)などを使うことです。  もちろん、「中古品は欲しくない」という人もいるかもしれません。しかし、フリマアプリは使った中古品ばかりがあると思われている方もいると思いますが、実は新品未使用の商品も多く販売されています。  フリマアプリでも法人や個人事業主が「事業」として売買している場合は消費税がかかることもありますが、「個人」の売り手・買い手同士であればかかりません。  そこで、新品を探せば、消費増税分を気にせずに買い物ができるというわけです(もちろん、売り手が購入時の消費税分を価格に上乗せしている場合はあります)
次のページ 
フリマアプリ利用のポイントは?
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right