魅力たっぷりな地中海リゾートの歴史と世界遺産<心ときめく楽園イビザに恋して1>

魅惑の地中海リゾート「イビザ島」

 地中海に浮かぶスペインの「イビザ島」。世界中から多くの音楽好きが集結する「パーティアイランド」という印象が強い。世界的に有名なDJのかけるクラブミュージックに酔いしれ、ナイトライフを謳歌できるのはイビザの最大の魅力だ。  一方で、イビザには他にも見どころが沢山ある。地中海の陽に照らされて輝く蒼い海でのバカンス、世界遺産に登録された歴史地区の散策、イビザの伝統料理や白い服が象徴的なアドリブファッション……。そう、イビザならではの魅力が島中あちこちに散りばめられているのだ。  今回は、海外旅行ガイドブック「地球の歩き方」でイビザ島特派員をしている今岡史江氏にイビザ観光を指南してもらった。イビザ初心者やこれから訪れてみたい人にとってはぜひ目を通していただければと思う。

イビザの歴史について

 イビザに来て早速パーティや綺麗なビーチへ……。と行きたいところだが、イビザの歴史について前知識を入れておくと、楽しみ方が変わる。  今岡氏は、「イビザはかつて、スペイン本土へ航海する中継地として使われた。紀元前7世紀にフェニキア人がオリーブや塩、ワインを持ち込み、居住地としてイビザで生活を送るようになり、今のイビザの礎を築いた」とフェニキア人がイビザを語る上で外せない存在だと語った。  フェニキア人がイビザに居住するようになって以来、カルタゴ人やローマ人、アラブ人など様々な人種が占領しては居住することを行っていったという。1235年にレコンキスタ(国土回復運動)により、スペイン王国が占領し現在に至る。古代ローマやイスラム文化、そしてカトリック文化。実に、多様な宗教や文化がイビザの歴史を刻んできたのだ。  イビザの街並みは、居住する人種によって変遷を重ねてきたとも言えよう。こういったDNAがイビザの「何でも受け入れる」気質に繋がっているのかもしれない。
次のページ 
ヒッピー文化の台頭とクラブカルチャーの隆盛
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right