あいちトリエンナーレを「毎年」楽しみにしていた人たち……

「表現弾圧」をトンマな方向から煽った時空の歪んだネチズンたち

 日本社会における「表現の自由」を大きく揺るがす事態となった「あいちトリエンナーレ2019」における「表現の不自由」展。  河村たかし名古屋市長が「視察」を行い、展示に対し「どう考えても日本人の、国民の心を踏みにじるもの。いかんと思う」と話し、大村秀章・愛知県知事に作品展示の即刻中止を求めることを表明したり、菅義偉官房長官までもが補助金を交付するかどうか慎重に判断するとも取れる発言をするなど、政治家による「煽り」によって批判の声は脅迫へと変化し、ついには最悪の事態になってしまいました。  そんな中、相変わらず何も調べずに批判をする人が、集団発生していたことをご存知でしょうか? 今回はそんな「時空が歪んだ世界線」に住んでいるかのようなネット工作員の人たちを漫画にしてみました。

ネット工作を指示する謎の男……

20190809あいちトリエンナーレを毎年楽しみにしてた人たち1
次のページ 
翌日、謎の男が目にしたものとは……!?
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right