杉田水脈議員が勝共連合ダミー団体の集会で講演も、「存じ上げません」

<政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第14回>

勝共連合ダミー団体主催の会で講演する杉田水脈議員

勝共連合ダミー団体主催の会で講演する杉田水脈議員(杉田議員のTwitterより)

 参院選を控えた今年4月から6月にかけ、3人の自民党国会議員に統一教会(世界平和統一家庭連合)との関係が発覚した。  同教団系政治組織・国際勝共連合のダミー団体が主催する会で講演した杉田水脈衆議院議員を始め、日韓トンネル推進イベントでは日本の国会議員を代表して柳本卓司参議院議員が挨拶、同教団系政治団体の大会では西村明宏衆議院議員が代表世話人を務めた。  各議員の事務所に質問書を送付、2人の議員から回答を得た。

勝共連合ダミー団体の講演会で講師をした杉田水脈

 4月28日、杉田水脈議員は熊本県で「青少年を守る家庭の在り方」と題した講演を行った。会場は県下の展示場・グランメッセ熊本、講演会を主催したのは『KPF社会教育委員会(一般社団法人熊本ピュアフォーラム)』なる団体。  熊本ピュアフォーラムは当連載第10回「家庭教育支援法制定をめぐる勝共連合の策動<政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第10回>」で報じたように、事務局長を国際勝共連合熊本県本部代表者の稲富安信が務めており、同連合のダミー団体と目されている。2016年10月の設立記念講演会では、同連合本部の青津和代本部長が講演している。  杉田は講演後のパネルディスカッションにもパネラーとして自民党の地方議員らと出席しており、当日夜に開催された『「杉田水脈・衆議院議員」歓迎懇談会』でも主賓の扱いを受けた。  杉田は2016年に「幸福の科学や統一教会の信者の方々にご支援、ご協力いただくのは何の問題もないのですが、どうしても宗教団体の名前が出ると日本国内では過剰に反応して「バックに宗教団体がいるのでは」と言った憶測が飛び交い、苦情や問い合わせが事務所にあります。ので、その都度このように否定します」とツイートしている。
次のページ 
質問状に迅速に回答してくれた杉田議員
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right